ノロウイルス

子どもが3人、ノロウイルスの家庭内感染は防げないの?

小さな子どもが3人と妊婦のママがいる家庭での、ノロウイルスの感染予防について質問がありました。対策をしていても家族全員に順番に感染してしまうようですが、感染を防ぐよい方法がないのか、医師や看護師に意見を聞いてみましょう。

5歳、3歳、2歳児と妊娠7カ月のママからの相談:「家庭内感染を防ぐのは不可能?」

我が家には5歳、3歳、2歳の子どもにプラスして、母親の私は妊娠7カ月です。毎年のようにノロウイルスにかかっている気がします。1人かかると、感染力が非常に強いため、家族全員に感染することが多いです。感染が広がらないようにマスクをしたり、手洗いやうがい、消毒などを徹底していても、小さい子どもの隔離は難しくなかなか防ぐことが出来ません。感染しても1、2日間程度で回復しますが、子ども3人が順番に感染すると長い看病に追われ、自分も最終的に感染してしまいます。やはり小さい子どものいる家庭で感染を防ぐのは難しいのでしょうか。(20代・女性)

完全に予防することは難しい

小さい子どもがいると、感染症の完全な予防は難しいという指摘がありました。病気にかかることで免疫をつけているというポジティブな見方もしつつ、今行なっている予防策を続けていくとよいようです。

ご質問者様がおっしゃる通り小さいお子さんを抱えるご家庭においては、ノロウイルスを始めとした感染症を確実に予防することは難しいです。ノロウイルスは、少ないウイルス量でも他人に感染してしまうほど感染力が強いです。特に乳幼児は感染予防の意識や衛生面に関しての認識も乏しく、親御さんがどれだけ注意を払っても気付かないところでウイルスを体内に接触するような行為をしてしまいます。(小児科専門医)
ご質問者様が行っている予防対策は、ご家庭で出来るものとしては充分です。看病は大変ですが、人よりも早く免疫力を付けて身体が強くなっていると捉えつつ、これまで通りの予防策を実施いただけたらと思います。(小児科専門医)

汚物処理や消毒も心がけて

汚物処理や、家の中の消毒の方法についてもアドバイスがありました。

タオル・食器などは共用せず、こまめに手洗いを行ってください。汚物を処理する時は、使い捨ての手袋を使用し(使い捨てのエプロンやマスクもあれば、なおよいです)、1回1回ビニール袋に入れて、口をしっかり閉じて捨ててください。(看護師)
アルコール消毒は、ノロウイルスには期待出来ません。薄めた次亜塩素酸ナトリウム(家庭用の塩素系漂白剤で代用)で、複数の人が触れるドアノブ・スイッチ・リモコン等も除菌してください。加熱でノロウイルスは死滅しますから、可能なものは加熱処理し、生ものは充分に加熱してから召し上がってください。トイレで下痢や嘔吐した場合、ウイルスが飛び散るのを避けるため、便座の蓋を閉めて流してください。(看護師)

小さい子どもがいる家庭では、感染症の完全な予防はなかなか難しいようです。今まで通りの予防策に加え、汚物処理や消毒にも気を配りつつ、病気のたびに免疫をつけていると前向きにとらえるべきと提案されています。


2017/11/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)