ノロウイルス

2017/11/18

症状が風邪と似ているノロウイルス、見分ける方法はあるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

症状が風邪と似ているノロウイルス、見分ける方法はあるの?

ノロウイルスの症状は風邪と似ていて見分けがつきにくいという人は少なくないようです。今回の相談者もそんな一人です。ノロウイルスと気づかずに家族全員が感染してしまったといいますが、見分ける方法はあるのでしょうか。専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

2歳児のママからの相談:「風邪とノロウイルスの見分け方」

以前、子どもがノロウイルスにかかりました。まだ家庭外での集団生活をしていない時期で、感染しているとは全く疑わずに嘔吐物を処理してしまい、家族全員がノロウイルスに感染してしまいました。ノロウイルスの感染源が無いと思っていたことと、風邪の症状かと思い、処理の仕方が甘かったためですが、昼間は元気に遊んでいたので、夜中の急な嘔吐にもノロウイルスを全く疑いませんでした。風邪とノロウイルスの見分け方はあるのでしょうか。(20代・女性)

どんなウイルスでも症状には個人差あり。見分けるのは困難

発生時期などに違いはあるものの、症状には個人差があるため、見分けるのは難しいとの声が寄せられました。

ノロウイルスにせよ、他の風邪(ここでは胃腸風邪のことを仰っていると思います)にせよ、確実に症状から原因ウイルスを特定することは困難です。一般的にノロウイルスは嘔吐症状が強く、さほど強い下痢にはなりにくいとも言われていますが、どのような風邪であっても、嘔吐や下痢を来たすこともあります。同じような原因ウイルスであったとしても、人によって症状は千差万別です。(小児科専門医)
小さい子どもは風邪でも下痢や嘔吐をし易く、見極めが難しいと思います。一般的にノロウイルスは冬(11~3月)に流行しますが、風邪は1年を通して発症します。風邪の潜伏期間は1日と短く、ノロウイルスは1~2日で発症し、前日や前々日に食事に心当たりがあればノロウイルスを疑います。風邪の症状は比較的緩やかに進行しますが、ノロウイルスは突然の下痢・嘔吐が現れ、くしゃみや鼻水などの風邪症状はありません。(看護師)

手洗いうがいの徹底を。感染後はタオルなどの共用を避けて

まずは手洗いうがいを徹底して予防を心がけるのが良いようです。感染したらタオルなどの共用は避けた方が良いとのアドバイスもありました。

ノロウイルスに限ったことでなく、今後、お子さんが胃腸風邪や上気道炎などを外からもらってくることは充分にあり得ます。嘔吐や下痢、鼻水や咳などがある時はもちろん、健康に見える時でも病気にかかっていることもあります。そのため、感染を可能な限り予防するには、どんな状況であっても手洗いやうがいの徹底を心がけることが必要です。(小児科専門医)
ノロウイルスは感染力が強いので、感染者がいればタオルや食器の共用は避け、なるべく接触しないことです。汚物は使い捨ての手袋を使用し(使い捨てのエプロンやマスクもあればなお良いです)、1回1回、ビニール袋に入れて、しっかり口を閉じて捨てて下さい。日頃から手洗いを習慣付けて下さい。ノロウイルスは集団生活に限らず、ウイルスに汚染された食品からも感染するので、生ものは充分に加熱してから食べて下さい。(看護師)

病気の症状には個人差があり、見分けるのは難しいようです。まずはうがい手洗いを徹底し、感染したらタオルや食器の共用は避けるよう専門家からアドバイスがありました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加