おしっこ・うんち

2017/11/15

10カ月の子どものウンチ、軟便で回数も量も多いです

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

10カ月の子どものウンチ、軟便で回数も量も多いです

軟らかいウンチを大量にする10カ月の子どもについて質問がありました。離乳食が始まっても軟便のままで、ウンチの回数も増えたようですが、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

10カ月の子どものママからの相談:「軟便で回数と量が多い」

10カ月の娘がいます。元々、ウンチをまとめて一気にするタイプの子で、離乳食開始前でも1日1~2回でしたが、量が多く、毎回オムツ交換が大変でした。月齢が進むにつれ、ウンチが固形になれば、オムツ交換し易くなるのかと思っていたのですが、娘の場合は、離乳食が始まってからも固形にならず、また、ウンチの回数も増え、毎食後です。現在、離乳食は1日3回、ミルクは1回で、就寝前に220mlです。ミルクの後は、すぐ寝るのでウンチは出ませんが、翌朝、朝食前にウンチをすることが多いです。10カ月過ぎてこのような状態というのは、個人差の範囲でしょうか。(30代・女性)

軟便くらいが理想的。水分補給に注意して

この時期軟らかめのウンチでも、元気で食欲があれば異常ではない、逆に便秘の心配がなく理想的だという指摘がありました。排便回数が多い場合は、水分補給をしっかりする必要があるようです。

離乳食が始まり、ミルクの量が減ってくると便秘がちになりますが、柔らかい便でも異常とはいえないでしょう。まだ消化能力が未熟なため、腸で上手く吸収できずに柔らかい便の場合もあります。便が柔らかくても、元気で食欲があれば様子を見てよいでしょう。(看護師)
10カ月の赤ちゃんの排便回数が1日1~2回であれば、いたって健康的な回数ですので心配は要りません。また、離乳食が完了しておらず、ミルクも飲んでいるのであれば、まだ大人と同じようなコロコロとした固形の便は出ません。むしろ10カ月の赤ちゃんで大人と同じような固形の硬い便になってしまうと、便秘が心配になりますので、お尻にくっついてしまうくらいの軟便が理想的です。(看護師)
排便回数が多いのでしたら、脱水を起こさないよう、水分補給してください。(看護師)

こんな便が出る時は受診も検討を

腸の異常を知らせる、受診の必要がある便の変化についても教えていただきました。

1日に5回以上の水のような便でしたら下痢と考えてよいといわれています。また、嘔吐・発熱・便に血液が混ざっている・食欲がなく不機嫌などの症状がある時は病院を受診してください。(看護師)
もし、便の回数が増えた・水っぽい便が出る・便の色が白っぽい・便がネバネバしているという症状がある場合には、腸に何かしらの問題が起こっている可能性がありますので、病院を受診しましょう。(看護師)

この時期ウンチが軟らかいのは異常ではなく、便秘の心配がない理想的な状態だというアドバイスがありました。もし嘔吐や発熱、便に血が混じる、食欲がない、便が白っぽいなど、腸に問題が起こっていることを知らせるサインのある場合は、受診を検討することが勧められています 。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加