離乳食

2017/11/16

10カ月になって離乳食をまったく食べなくなった…どうしたらいい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

10カ月になって離乳食をまったく食べなくなった…どうしたらいい?

離乳食に悩むママは少なくないようです。最初は順調に食べていたのに、突然食べなくなることもあります。そんな時どう対処すれば良いのでしょうか。専門家に聞いてみました。

生後10カ月の子どものママからの相談:「母乳ばかりで離乳食を食べません」

5カ月頃に離乳食を始めた時は何でも食べていたのが、3カ月経って急に食べなくなりました。何を出してもスプーンから顔を背け、口も開けません。10カ月になると鉄分が不足するので離乳食から摂った方がよいと聞いたことがあり、不安になっています。食べない日が続いても心配無いでしょうか。授乳は3時間おきで母乳はよく飲みます。(30代・女性)

離乳食に慣れると飽きて食べなくなることも

順調に進んでいた離乳食も慣れてくると食べなくなることがあるようです。

母乳やミルク以外の味に興味を持って食べ始めても、9カ月~1歳頃に食べなくなることは多いです。離乳食は個人差が大きく、考えすぎないことが大切です。お母さんのイライラが伝わると、食べることがプレッシャーになり、ますます食べなくなることもあります。バランス良い離乳食を作っても食べなければ、それもストレスです。1食1品でもレトルトでも良いと考えましょう。(看護師)
スプーンの感触が嫌なのかもしれません。後始末は大変ですが、手づかみで自由に食べさせてみましょう。食器を変えるのも良いでしょう。離乳食に赤ちゃんがついていけない場合もあるため、一段階前の離乳食に戻してみて下さい。(看護師)
赤ちゃんが好きなものを中心にあげたり、食器を変えたり、手づかみで食べられるようにするなど工夫してみましょう。貧血が心配なら、ひじき入りのせんべいなど鉄分を多く含む赤ちゃん用のお菓子を与えましょう。(看護師)
1歳になると自我が強くなり、「遊びたい」「自分でやりたい」「好きじゃない」など、様々な感情が芽生えます。私の2歳の娘も離乳食はほとんど食べず、少食で偏食気味ですが、保育園の給食は完食します。今は好きなだけ母乳をあげ、離乳食では食事の楽しさを知ってもらい、食事の習慣を付けるのだと考えましょう。(看護師)

母乳の出が良いなら授乳間隔をあけてみて

母乳で満腹になっている可能性もあります。授乳の間隔をあけるよう勧める声もありました。

3時間置きの授乳なら、母乳だけでお腹いっぱいで、離乳食が進まないのかもしれません。授乳間隔をあけてみてはいかがでしょうか。母乳には鉄分が少なめともいわれ、ずっと母乳だと貧血になるリスクはあります。まずは母乳の回数を工夫するのが先決かと思いますが、食事から摂れないようであれば、1日1~2回程度、母乳の代わりに鉄分を強化した粉ミルクを与えるのも一つの方法だと思います。(小児科専門医)
授乳が3時間おきではお腹が空いていないのかもしれません。母乳は好きなだけ飲ませて良いですが、離乳食を進めるには昼間の授乳を減らすのも良いでしょう。10カ月頃は離乳食に慣れ、同じ固さや味付けに飽きることがあります。まだ決まった時間に食べられないことがありますから、食べ始めるのを待っても良いと思います。(看護師)

離乳食も慣れてくると食べなくなることがあるようです。授乳の間隔をあけたり、食器を変えるなど工夫して、鉄分強化ミルクやお菓子で貧血に備えるのが良いとのアドバイスがありました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加