新商品

市田柿の魅力を伝えるニュースレター「市田柿らぼ」配信開始

スーパーフード市田柿

みなみ信州農業共同組合は南信州にて製造・販売している干し柿・市田柿の魅力を伝えるニュースレター「市田柿らぼ」を市田柿の日として認定されている12月1日よりウェブサイトにて配信を開始しました。

「市田柿らぼ」は、ジャパニーズ・スーパーフードとして注目を集めている市田柿の新たな魅力を読者に紹介していきます。

市田柿にはカラダに嬉しい健康成分が豊富

「市田柿らぼ」は、「市田柿」の魅力をもっと知ってほしいという想いからスタートしました。南信州で古くから愛されている「市田柿」はジャパニーズ・スーパーフードとして新たな脚光を浴びています。スーパーフードとは、植物の種や実、油などの自然のもので栄養価が高いものや栄養バランスに優れている食品です。

「市田柿」の栄養成分を分析した結果、カラダに嬉しい健康成分が豊富であることが判明しました。

南信州を代表する特産品

「市田柿」は渋柿の品種で、現在の下伊那郡高森町の市田地域で栽培されていたことから「市田柿」と名付けられました。2016年には、地理的表示(GI)保護制度に登録され、南信州を代表する特産品となっています。

栽培の歴史は500年以上といわれています。美味しさの秘訣は、南信州の気候にあるそうです。

南信州の晩秋から初冬にかけての盆地特有の朝夕の厳しい冷え込みと川霧がもたらす適度な湿度によって、果肉内からの水分とともにしみ出たブドウ糖の結晶の白い粉をまとい、極上の市田柿が生まれます。

参考サイト

みなみ信州農業共同組合 プレスリリース(PRTIMES)


2017/12/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部