産後の生理

2017/12/24

産後4カ月で再開した生理が不安定…第2子妊娠に影響は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後4カ月で再開した生理が不安定…第2子妊娠に影響は?

産後の生理についての相談:「産後の生理不順の影響について」

第1子を出産してから6カ月が経ちました。産後4カ月の時に生理が再開しましたが、毎月の間隔がバラバラです。1人目を妊娠した時も、妊娠を希望してから2年間、授かることが出来なかったので、次の子もまたすぐには授かれないのかと心配しています。あと2年後くらいに妊娠出来ると嬉しいのですが、その場合、すぐにでも妊活をした方が良いのでしょうか。基礎体温は安定していませんが、病院には通ったことはありません。(20代・女性)

産後1年は様子を見て。母乳の場合は卒乳後3カ月が目安

産後1年ほどはホルモンバランスの関係で生理が安定しないことがあるようです。母乳の場合は卒乳後3カ月くらいが目安との意見がありました。

産後1年くらいは、生理が再開していても、ホルモンバランスの乱れなどにより不規則になることがあります。また授乳をしている場合は、母乳を生成するためのホルモンであるプロラクチンの影響で排卵が抑制され、生理の再開が遅れたり、再開後に再び来なくなるということもあります。(看護師)
産後の生理不順を疑い、受診をする目安としては、産後1年半以上生理が来ない時・卒乳後3カ月以上生理が来ない時とされています。産後6カ月では、まだ女性ホルモンバランスが回復しておらず、安定していない可能性もあります。もう少し様子を見ても良いでしょう。(看護師)
産後は育児ストレス・睡眠不足・疲労などにより女性ホルモンのバランスが乱れやすく、生理不順が起こることもあります。育児・家事の両立は難しいですが、家事を手抜きする等しながら身体を休める時間の確保も大切です。また、早めに2人目の妊娠計画がある・1人目の妊娠の際に不妊治療の必要があった・不妊症が疑われる症状があった場合などは、早めの受診をしても良いでしょう。(看護師)

再開後数カ月経っても基礎体温が不安定なら早めに受診を

生理が再開して数カ月経っても基礎体温の高温期と低温期の区別がないようなら早めに受診した方が良いようです。

基礎体温が安定していないというのは、高温期と低温期の区別がないグラフでしょうか。産後に生理が再開しても、育児のストレスや授乳などが影響して無排卵だったり、生理周期が安定しないこともあります。30代になると自然妊娠の確率は低下します。2年後の妊娠を望むなら、まずは生理を安定させることを優先して早めに取り組んで下さい。(看護師)
生理が再開して数カ月経っても、高温期と低温期の区別がないグラフでは、無排卵・黄体機能不全が考えられます。今後も妊娠を希望されるなら、早めに病院を受診して下さい。万が一無排卵や黄体機能不全であれば、妊娠しにくい身体ということになり、治療には時間がかかる場合があります。(看護師)

産後はホルモンバランスの関係で1年ほどは生理が安定しないことがあるようです。1年ほどは様子を見た方が良いとのアドバイスがありました。母乳育児なら卒乳後3カ月が目安になるようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加