話題・時事ネタ

2017/12/14

1歳未満児の1700万人が基準値6倍の汚染地域に暮らす

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

1歳未満児の1700万人が基準値6倍の汚染地域に暮らす

有害な空気を吸うと脳の発達を危険に晒す

ユニセフが12月6日に発表した最新の報告書の中で、世界の1歳未満児約1,700万人が国際的な大気汚染の基準値を6倍を上回るレベルの汚染された大気の地域に暮らしていることを伝えています。

1歳未満児が有害な空気を吸うことで、脳の発達を危険に晒すことになります。これらの子どもの4分の3にあたる1,200万人は南アジアで暮らしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加