産後の生理

2017/12/27

産後1年半たつのに生理が安定しない…夜の授乳のせい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後1年半たつのに生理が安定しない…夜の授乳のせい?

産後1年半、生理が飛んだり1日で終わったりと安定しない、との相談が寄せられました。このようなことはよくあるのか、夜のみ授乳をしていることと関係があるのか、という質問に対し、専門家はなんと答えているでしょうか。

2人目妊活中のママからの相談:「授乳は生理不順に影響しますか?」

現在1歳半の娘を育てています。娘が1歳になったので、そろそろ2人目が欲しいと思い、半年前から妊活を始めました。出産後に生理が再開したのは、産後10カ月と少し遅めでした。出産後1年半を過ぎた現在も、生理の周期が安定せず、2カ月生理が無いこともあります。また、生理があっても、1日で終わることもあります。基礎体温を測っていますがバラバラで、排卵日の予想を立てるのも難しいです。現在、夜のみ授乳をしているのですが、授乳が生理不順に影響しているのでしょうか。また、産後1年半経っても、生理が安定しないことは、良くあることなのでしょうか。病院を受診するべきか、もう少し様子を見るべきか悩んでいます。(30代・女性)

産後は生理不順や無排卵になりやすい

産後はホルモンバランスが乱れやすく、生理が不安定になりがちであるようです。生理が1日で終わってしまう場合は、不正出血や無排卵の可能性も指摘されています。

産後は様々な要因から女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。そのため、産後1年くらいは、生理周期が安定せず不安定な状態が続くことがあります。(看護師)
また、生理が1日で終わる原因には、着床出血・不正出血・無排卵月経などがあります。妊娠の可能性が無いのであれば、何らかの原因で不正出血が起こっているか、生理があっても無排卵である場合などが考えられます。(看護師)

夜の授乳が影響している可能性あり

授乳している間は排卵を抑制するホルモンが出るため、生理が不安定になりがちだということです。2人目を希望するのであれば早めに受診を検討することが勧められています。

母乳育児をしている場合は、母乳を生成するために分泌されるプロラクチンというホルモンが排卵を抑制する作用を持つため、生理の再開が遅れたり生理周期が不規則になりやすくなります。つまり、夜の授乳を継続していることが、生理周期に少なからず影響している可能性はあります。完全に卒乳してから3カ月以上生理が来ない場合・不規則な状態が続く場合は、病院を受診することをお勧めします。(看護師)
出来るだけ規則的な生活を心がけ、睡眠をしっかり取って、ストレスや疲れを溜めないようにしてください。夜だけの授乳でしたら続けてよいですが、妊活するにあたっては断乳を勧められるかもしれません。次のお子さんを希望されるのでしたら、基礎体温表を持参して早めに受診した方が良いでしょう。(看護師)

産後はホルモンバランスが乱れ、生理が不安定になりやすいようです。生理が1日で終わってしまう原因は、不正出血や無排卵月経の可能性もあると指摘されています。夜の授乳が生理周期に少なからず影響している可能性があり、妊娠を希望する場合は早めの受診が勧められています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加