生理周期

2017/12/30

8年続く不安定な生理周期…これって異常?病院に行った方がいい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

8年続く不安定な生理周期…これって異常?病院に行った方がいい?

不安定な生理周期が続く場合、病院に行った方が良いのでしょうか。今回は30代の女性からの相談です。社会に出てからずっと生理不順が続いていましたが、出産を終え、あまり気にしていなかったといいます。最近、友達から病院を勧められ、心配になってきた相談者さんですが、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

生理不順についての相談:「長年続く不安定な生理周期について」

社会人になってから7~8年ほど、生理不順が続いています。2~3カ月生理が来ない時もあれば、32日周期で来る時もあってバラバラです。生理痛は重くなく、出血量も普通だと思いますが、これは異常なのでしょうか。子どもも出産しているので気にしていなかったのですが、友達に1度調べた方が良いと言われました。私のような場合も病院に行った方が良いのでしょうか。(30代・女性)

長期の生理不順は子宮や卵巣の疾患の可能性あり

生理不順が長期間続くのは子宮や卵巣に疾患がある可能性があるようです。

正常な生理は25~38日周期で、生理期間は3~5日程度とされています。ストレスなどで一時的に生理周期が乱れても、生活習慣を見直して改善されれば心配ありませんが、常に生理周期が乱れている場合は、無排卵・黄体機能不全が考えられ、経血量によっては、子宮や卵巣の疾患も考えられます。(看護師)
生理周期が不規則になる原因は、無排卵などの排卵障害・黄体機能低下・生活習慣によるホルモンバランスの乱れ・ストレスや疲労によるホルモンバランスの乱れ等が考えられます。特に産後は、生活習慣の変化やストレス等により生理不順が起こることは多いようです。(看護師)

生活習慣を見直して。基礎体温を計測して受診を

生活習慣が原因になることもあるようです。日常生活を見直し、基礎体温を計測して病院で検査しておく方が良いとのアドバイスがありました。

まずは基礎体温を測って、生理周期や排卵の有無を確認してみて下さい。それに合わせて生理の状態もチェックして下さい。経血量を測るのは難しいですが、ナプキンを何時間おきに交換したか、ナプキンに付着した血液がどれくらいの量だったかも記録して下さい。経血量は多過ぎても少な過ぎても異常になります。子宮がん健診を兼ねて、一度受診してみて下さい。(看護師)
生理周期は、女性ホルモンのバランスによってコントロールされます。女性ホルモンは生活習慣やストレスの影響を大きく受けるため、食生活の乱れ・過度な運動・ダイエット・冷え・ストレスの蓄積などが生理不順の原因となります。特にストレスが原因で無排卵月経となることは多く、ストレスが軽減すれば自然に改善するケースもあるといわれます。生活習慣を見直してみると良いでしょう。(看護師)
基礎体温をチェックすることで女性ホルモンの変化を観察することが出来ます。3周期ほどチェックし、基礎体温がバラバラ(高温期が来ない・高温期が短い・高温期の途中で体温が下がる等)、生理不順が続く・不正出血が見られる等あれば、一度病院を受診するようにしましょう。(看護師)

長期にわたる生理不順は、子宮や卵巣の疾患が隠れている可能性もあるようです。生活習慣を見直し、基礎体温を計測して一度病院を受診しておいた方が良いとのアドバイスが専門家からありました 。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加