調査・アンケート

2017/12/25

6割の女性が昼宴会に参加!昼の会食・宴会と昼酒について調査

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

6割の女性が昼宴会に参加!昼の会食・宴会と昼酒について調査

昼の会食・宴会の実態

株式会社リビングくらしHOW研究所は、全国の女性954人を対象に「昼の会食・宴会と昼酒」についてのアンケート調査を実施しています。

年末の宴会シーズン前に、この1年間の昼の会食や宴会、昼飲みの実態について調査しました。

約8割の女性が賛成・容認派

昼間に外食でお酒を飲むことが「よく+たまにある」と回答した女性は、全体の27%でした。「昼に外食でお酒を飲むことについてどう思う?」との質問に対し、「いいと思う」「まあいいと思う」と約8割の女性が答えています。その理由として、「夜は出かけにくい主婦も昼なら楽しめる」「夜よりも気軽に気分転換できる」という昼ならではの意見が寄せられました。

約6割の女性が昼宴会に参加したことがある

過去1年間に外食での昼の会食・宴会に参加した人は59%で、約6割もの女性が昼宴会に参加していることがわかりました。昼の会食・宴会をどんな仲間としたのかと質問したところ、家族・親戚とが全世代で最多でした。

世代別では20代・30代ではママ友、友人、職場仲間がいずれも4割を超え、60代以上では、習い事・趣味の仲間との会が4割を超えています。利用したお店を見てみると、ママ友には、イタリアンやフレンチ、カフェレストランが人気となっており、職場の仲間では、和風レストランが1位となりました。

働き方別では、フルタイム女性が参加した昼の宴会は、「女子会」61.5%に次いで「懇親会」28.2%、「歓送会・送別会」19.2%が続いています。働くママが歓送迎会などに参加しやすいように、オフィシャルな会を昼に行うことが増えています。

参考サイト

サンケイリビング新聞社 プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加