プール熱

プール熱(咽頭結膜熱)発症…いつから保育所に行ってよい?

働くパパやママにとって、長時間安全に子どもを預かってくれる保育所はありがたい存在です。しかし病気になってしまったときが悩みの種というパパに対し、看護師さん達はどのようなアドバイスをしているでしょうか。

パパからの相談:「プール熱、通所再開のタイミングは?」

3歳児の父です。保育所でこれまでたくさんの感染症をもらってきましたが、このたびプール熱を発症しお休みしています。共働きなので早く通所を再開したいのですが、プール熱の場合、どのような状態になれば集団生活を再開させてよいのでしょうか。解熱した時点なのか、それとも症状が完全に消失するまで相当な日数を休ませなければならないのでしょうか。(30代・男性)

プール熱は、症状が治まったのち2日以降から通所できる

プール熱(咽頭結膜熱)はアデノウイルスによる感染症で、学校保健安全法施行規則第二種に指定されています。本法では、「主要症状が消退した後二日を経過するまで」と定められています。

プール熱(咽頭結膜熱)はアデノウイルスによる感染症です。感染経路は、飛沫感染・接触感染・経口感染と多様、感染力の強いウイルスで、特効薬はなく対症療法しか治療の方法はありません。学校保健安全法施行規則第二種に定められており、高熱が治まり、主要症状(のどの痛みや腫れ・目の充血や腫れ、目やになど)が完全に治まってから2日以降でないと通所できません。 (看護師)
プール熱に感染すると、38℃から40℃程度の高熱が5日程度続きます。のどの症状は5日程、目の症状(充血・腫れ・目やに)は3~5日程続くとされています。症状が改善しても、数カ月は便や唾液からウイルスが排出されると言われています。二次感染を防ぐために、感染予防は継続する必要があります。(看護師)

集団生活で感染症を完全に防ぐことは難しい、保護者も気をつけて

子どもの集団生活においては、感染症を防ぎきれないこともあるので、保護者がお互いに気を付けていくことも大切です。

保育所のような集団生活では、子どもが感染についてイメージできないため、手洗いやうがいも十分ではない場合もあります。ウイルス・菌の潜伏期間やキャリアであれば、無症状のうちに他の子どもと関わるので、完全には対策をすることができません。親としては仕事を休んで病院に連れて行ったり、看病などで大変だと思いますが、それぞれの保護者がお互いに気を付けていくしかないと思います。 (循環器内科看護師)

プール熱は学校保健安全法施行規則第二種に定められているため症状が完全に治まったのち2日以降でないと通所できません。子どもの集団生活で感染症は防ぎきれないので、保護者側の配慮も大切です。


2018/01/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)