貧血

食事に気を付けていたけど貧血と診断が・・・赤ちゃんへの影響は?

貧血に悩まされる妊婦さんは少なくありません。今回の相談者さんもその一人です。レバーが苦手なため、小松菜などを食べるようにしていたようですが、食事以外にサプリメント等を摂るべきか悩んでいます。専門家からは、どのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

妊娠中の貧血についての相談:「貧血気味と診断された時の対策について」

妊娠中ですが、これまで立ちくらみ等の症状はなかったため、貧血対策は食事に気を付けるくらいで大丈夫だろうと、苦手なレバーの代わりにほうれん草や小松菜などを出来るだけ食べるようにしていました。しかし、この前の血液検査で貧血気味と診断され、鉄剤を処方されました。もっと積極的に鉄分豊富な食材やサプリメントを、取り入れるべきでしょうか。処方された鉄剤を服用すれば大丈夫でしょうか。貧血による赤ちゃんへの影響はありますか。(30代・女性)

鉄分は2種類。どちらも摂れるよう食生活を見直して

鉄分には2つの種類あり、どちらも摂れるよう食生活を見直しましょう。ビタミンCと一緒に取ると鉄分の吸収が良くなります。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄はレバー・魚介類・肉類などの動物性のものに、非ヘム鉄は小松菜・大豆・ひじき等の植物性のものに含まれます。効率良く鉄分を摂取するには、どちらもバランス良く取る必要があります。(血液・腫瘍科医師)
レバーが苦手なら、赤みの魚や肉類・大豆なども摂るようにしましょう。またビタミンCと一緒に摂ると、鉄分が吸収されやすくなります。柑橘系の果物を添えたり、食後に果物を摂りましょう。鉄分の吸収を妨げるタンニンを含む緑茶・コーヒー・紅茶は、食後30分は控えましょう。(血液・腫瘍科医師)

貧血は赤ちゃんにも悪影響。サプリメントは医師と相談を

貧血は赤ちゃんにも影響を与えます。サプリメントの使用は医師に相談しましょう。

妊娠中に貧血になると産後に酷くなったり、出産時に出血の量が増えたり止まりにくくなります。赤ちゃんはお腹の中でママからもらった鉄分を身体に溜め込んで生まれてきますが、鉄分不足だと貧血のまま生まれてくることがあり、妊娠中の貧血は少しでも改善すべきです。病院で処方された鉄剤は問題ないので医師の指示を守り、水で服用しましょう。(血液・腫瘍科医師)
「貧血気味」と診断されただけで、サプリメントの服用を検討する必要はないと思います。まずはしっかり食事療法を行なって、それでも貧血の改善が出来なかったら、サプリメントの服用を検討して良いと思います。(看護師)
鉄剤をすでに服用しているのであれば、サプリメントからの鉄分摂取についてはまずは主治医へ相談しましょう。鉄分を過剰摂取すると、身体に害となることがあるかもしれません。妊娠中の貧血が重症になると、赤ちゃんが奇形をもって生まれてくることがあり、低体重や未熟児として生まれてくる可能性も高くなります。(看護師)
貧血は、妊娠中だけでなく、母乳の中に含まれる重要な栄養素です。母乳で育てたいと思っているママは、妊娠中から適切な量の鉄分を摂取しましょう。(助産師)

鉄分には2種類あり、バランス良く摂ることが大切です。食生活を見直して、貧血改善を目指しましょう。


2018/01/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)