貧血

2018/01/19

貧血?しゃがんで立つ時に立ちくらみが…鉄剤を飲んだ方が良い?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

貧血?しゃがんで立つ時に立ちくらみが…鉄剤を飲んだ方が良い?

立ちくらみの主な原因は、急に立ち上がった時に血圧が下がる起立性低血圧と言われますが、重度の貧血が原因で起こる場合もあります。産後立ちくらみが増えたママに、専門家はどのようにアドバイスしているでしょうか。

産後1年半のママからの相談:「貧血で、しゃがんだ後立つ時に立ちくらみがある。鉄剤が必要?」

元々貧血で妊娠中は更に貧血の症状が出ていたので、サプリを飲んだり、鉄剤を処方されていました。産後は元の状態に戻ったかなと思っていましたが、最近数秒しゃがみこんだ後、立つ時には必ず立ちくらみがありますし、長い時間しゃがんだ後立つ時にはフラッと倒れそうになるか本当に倒れてしまいます。鉄剤を飲んだ方が良いでしょうか。それとも何か改善する方法はありますか。(20代・女性)

酷い立ちくらみは貧血の可能性が…医師に相談を

専門家の意見では、産後は貧血になりやすいので、貧血が悪化して立ちくらみを起こしている可能性も考えられるようです。一度医療機関を受診し、貧血の程度をチェックしてみてください。

本当に貧血によるものか、一度検査してください。貧血の自己チェックには、めまいや立ちくらみする・疲れやすい・味覚がおかしくなり口角炎を起こしやすい・爪が反り返っている・朝なかなか起きられない等があり、当てはまる項目が多ければ貧血の可能性は高いです。(医師)
産後は、出産時の出血・食事習慣の乱れ・睡眠不足・疲労などにより貧血になりやすく、育児によりこれらの状態が長期に渡るため慢性化する可能性があります。時に倒れてしまう程の状態であれば、酷い貧血かもしれません。動機や息切れ・めまい等があれば、自律神経のバランスの乱れや内分泌系の疾患などが隠れている可能性があります。一度病院を受診し、血液検査を受けてみましょう。(看護師)

普段の食事で鉄分を摂取。鉄剤は医師に相談を!

貧血状態の改善には、鉄分を食事で効率良く摂取する事が勧められています。鉄分にも2種類があり、これらをバランスよく摂ってください。鉄剤の服用が必要かどうかは、医師に相談して決めましょう。

食事では、ヘム鉄と非ヘム鉄をバランス良く摂るようにしてください。ヘム鉄は肉類・レバー・魚介類など動物性のもの、非ヘム鉄は小松菜・ほうれん草などの緑黄色野菜・大豆・ひじきなど植物性のものに含まれています。他にもたんぱく質・葉酸・ビタミン類などをバランス良く摂ってください。また、鉄分は吸収されにくいので、ビタミンCと摂るようにしてください。鉄剤の服用に関しては、医師に相談した方が良いでしょう。(医師)
鉄分の多い食事(レバー・豚肉・たまご・青身魚・ほうれん草・ブロッコリー・春菊など)を意識的に摂取し、鉄分の吸収を助けるビタミンC(イチゴ・みかん・レモン等)を一緒に摂取すると良いでしょう。しかし、食事だけで改善が難しい場合もあります。(看護師)

立ちくらみが起きると日常の生活にも影響しますし、転ぶ危険もあります。専門家も指摘するように、重度の貧血が原因となっている可能性もありますから、早めに検査を受けましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加