調査・アンケート

2018/01/20

F1層のリアルを調査!「お金」と「暮らし」に関する調査を実施

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

F1層のリアルを調査!「お金」と「暮らし」に関する調査を実施

現代女子のリアルな収入事情

ミュゼマーケティングは、F1層の「お金」と「暮らし」に関するアンケート調査を実施しました。アンケート調査から、現代女子のリアルな収入事情やショッピングの実態、住まいに関する理想や現実が見えてきました。

ミュゼマーケティングは、全国325万人のミュゼプラチナム会員組織を活用し、F1層のマーケティングサービスを提供しています。

お店のポイントを貯める派は96%

家計簿を「つけている/つけていたことがある」と回答した人は約63%になっており、その中で、現在も一人暮らしで「家計簿をつけている人」は30%という結果でした。また、コンビニやスーパーなどで商品を購入したときにもらえる「ポイント」を貯めるかという質問には、「貯める」と96%が回答しています。

新商品に弱いF1層

どんなときに購買欲が高まるのかを調査したところ、1位「新商品(22%)」2位「限定品(15%)」3位「ラスト1点(14%)」との回答が上位になりました。衝動買いをしてしまった月の月末に「金欠」となった時は、「食費を削る」という人が38%となっています。

インテリア選びは店頭とSNSで分かれる

インテリアの参考にしているものについて質問したところ、「お店のディスプレイ」と答えた人が26%と一番多い結果となりました。ついで、「ウェブサイト」「ソーシャルアプリ」「雑誌」などが続きました。年代別では、10代から30代までは「InstagramなどのSNS」が最も多く、40代では「雑誌」と答えた人が最も多くなっています。

参考サイト

株式会社ミュゼプラチナム プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加