妊娠検査薬のタイミング

2018/01/18

妊娠かな?妊娠検査薬の使用方法を守りましょう

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠かな?妊娠検査薬の使用方法を守りましょう

妊活中、生理が遅れると期待と不安で早く確認したくなる人も多いのではないでしょうか。しかし、妊娠検査薬は一般的に生理が遅れてから1週間後に使用する物ですから、正しい判断にはなりません。待ち切れずに早めに検査してしまった女性から、その結果判定に関する相談が寄せられました。

妊娠検査薬に関する相談:「妊娠判定薬での陽性の見極め方」

妊活中です。生理予定日から1週間経過後に判定可能という妊娠検査薬を、気が急いて生理予定日4日後に使用したところ、判定時間経過時は陰性でした。しかし、その10分後にうっすら陽性反応が出ました。このような場合も妊娠の可能性があるのでしょうか。(20代・女性)

正しい判定は生理予定日の1週間後から

生理予定日4日後に検査してしまったという相談者さんですが、今回見られた線は陽性反応とは言えないようです。また、判定可能な時期よりも前の判定なので、妊娠していないと断定する事も出来ないようです。

判定時間を過ぎた後のうっすらした反応の場合は、妊娠の可能性は低いでしょう。妊娠検査薬は説明書に記載されている検査法・判定法の条件を満たしていなければ、正しい判定とは言えません。(産科医師)
生理予定日から約1週間を経過すると、妊娠によって分泌されるホルモンが尿中に含むようになります。これを検出して判定するのが妊娠検査薬です。相談者さんの状況で出た反応は蒸発線の可能性があり、現時点での結果は信用性に乏しいものと思います。判定時間は正しく守りましょう。(看護師)
判定時間を10分も過ぎてから反応した場合は、空気に触れた事による変色とも考えられます。(産科医師)
今回は検査時期が少し早過ぎたようですね。検査薬の多くは生理予定日を1週間過ぎてから使用しますが、通常は尿をかけて約1分ではっきりしたラインが出て、陽性を示します。使用前に説明書をよく読んで、正しい検査法で判定してください。(産科医師)
検査薬は、尿中に含まれるhCGホルモン濃度に反応します。検査時期より早い時期に使用すると、ホルモン濃度が低く、妊娠していても陰性になる事があります。よって、現時点では妊娠していないと言い切る事も出来ません。(産科医師)

妊娠の確定は医師の診断で

現在の状況では、専門家でも妊娠の有無を判断する事は出来ないようです。改めて、使用方法を守って判定し、陽性が出たら病院で妊娠確定の診断を行う流れになるようです。

検査薬で陽性が出ても妊娠確定ではありません。陽性が出たら、後日病院できちんと検査してください。(産科医師)
胎嚢と呼ばれる赤ちゃんが入った袋が確認できる時期は6週頃です。生理予定日から1週間後に検査して陽性の場合は、さらに1週間程度待ってから病院を受診すると二度手間にならずに診断出来るでしょう。(看護師)

今回うっすら出た陽性反応は妊娠を示すものではない可能性が高そうですが、まだ妊娠の可能性も残されています。まずは生理予定日より1週間待ってから、改めて検査してみましょう。また、妊娠検査薬の使用時期も正しく守りましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加