妊娠検査薬のタイミング

妊娠検査薬で陽性が出た数日後に陰性が出てしまった

妊娠検査薬は使用するタイミングによっては、正確な結果が得られない事もあるそうです。では、生理予定日の3日後は陽性反応が出たのに、その3日後には陰性になってしまうという事はあるのでしょうか。看護師さんに聞きました。

妊活についての相談:「妊娠検査薬で陽性が出た数日後に、陰性が出る事はありますか?」

生理予定日の3日後に妊娠検査薬を使用しました。うっすらと線が出たので、夫にも見てもらいました。夫には反応がきちんと出るのは予定日の1週間後だし、一度稽留流産を経験しているので、ちゃんとした結果が出てないなら、気長に待とうと言われました。私はこれから線が濃くなる事を期待して、生理予定日1週間後にまた検査しましたが、今度は陰性でした。一度うっすらでも出た線が、3日後に消えることはあるのでしょうか。(20代・女性)

化学流産が考えられます

一度出た陽性が陰性になってしまう場合、着床した受精卵に何らかの問題があって成長が止まり、妊娠が継続できなかった可能性があります。

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌されるホルモン、hCGの量を測定しています。hCGホルモンは妊娠すると分泌されるホルモンで、受精卵が着床すれば生理予定日の3、4日後頃に検査薬で検査をすると、陽性に反応することがあります。(看護師)
着床が継続できれば妊娠に進みますが、染色体異常など受精卵に問題があったり、何らかの理由で発育できなかった時は妊娠が継続できず、化学流産となります。妊娠が継続できないとhCGホルモンも分泌されないので、妊娠検査薬で陰性となります。このように精度の良い妊娠検査薬を使用すると、生理予定日の3日頃に陽性と出ることがあります。(看護師)
妊娠検査薬が陽性から陰性へと変化する場合は、化学流産の可能性が考えられます。化学流産は、受精卵が一度は着床したけれど発育が止まり、胎嚢が出来ていない時点での流産の事を言います。 (産婦人科看護師)
妊娠検査薬は、受精卵の着床により分泌されるhCGホルモンを検出し反応するため、着床した場合一時的に陽性を示します。しかし化学流産の場合は、着床後に受精卵が育たず、hCGホルモンの分泌が止まるので、陰性になってしまうのです。(産婦人科看護師)

不妊治療のホルモン注射や他の疾患が影響することも

より正確な結果を得るためには、妊娠検査薬は生理予定日の1週間以上経過してから使用する方が良いそうです。

不妊治療などでhCGホルモンの注射を打った場合や、妊娠検査薬の誤反応、蒸発線だった場合も、同様の事が見られる場合があります。稀に、胞状奇胎といった絨毛性疾患などの病気が隠れている場合もあるので、注意しましょう。(産婦人科看護師)
正確に妊娠を知るには、生理予定日から1週間から2週間くらい経過した頃に検査するのが良いでしょう。(看護師)

妊娠検査薬で陽性が出たのに陰性に変わってしまう場合は、妊娠のごく早い段階で起こる化学流産が考えられます。また、不妊治療でホルモンの注射を打っている場合や、妊娠検査薬の誤反応でも同じ事が起こります。より正確な結果を得るためにも妊娠検査薬は、生理予定日より1~2週間経過してから使用しましょう。


2018/01/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)