病名・症状から探す

胃腸炎なのに食欲旺盛、食べては嘔吐…何を食べさせれば?

頻繁に胃腸炎になる子どものママから相談がありました。胃腸炎の時でも食欲があり、食べては激しく嘔吐するため、どんなものを食べさせればよいか悩んでいるようですが、医師や看護師はなんとアドバイスしているでしょうか。

4歳の子どものママからの相談:「胃腸炎だけど食欲がある子に食べさせるものは?」

幼稚園年中の娘がいます。園児の数が多いため、手洗いやうがいをしても感染することが多く、年少の1年間で、季節ごとに胃腸炎になりました。普段から食欲旺盛で、好き嫌いはなく、胃腸炎の時でも、他の兄妹が食べていると食べたがり、食べるとまた、激しい嘔吐を繰り返してしまいます。胃腸炎の時に食べさせるとしたら、どのようなものがよいでしょうか。(30代・女性)

脱水が酷くなければ普段通りの食事でOK

脱水の程度により対応が違うようです。脱水が酷くなければ普段通りのものを食べてよいようですが、内容よりも量に注意し、少量をこまめに食べさせることが勧められています。

胃腸炎の時の食事については、脱水の程度にもよりますがそれほど脱水が酷くないのであれば普段通りの食事でも大丈夫です。(小児科専門医)
ご質問者様の内容を拝見すると、どちらかというと食事内容が原因で吐いているというよりも、むしろ胃が動いていないにもかかわらず身体が受け付ける量以上に食べているために吐いている印象です。この場合は、食事内容というよりも食事の量に注意する必要があります。(小児科専門医)
食欲があったとしても、胃腸炎直後は身体が受け付けないこともままあります。量が少なくて本人は怒るかもしれませんが、少なめに食事をとりわけてあげて下さい。少量のものをこまめに食べることが有効ですので、時間がかかるかもしれませんが吐かないでも大丈夫な量を確認しつつ量を増やしてあげてください。(小児科専門医)

状態によっては脱水対策を優先し、食事内容にも配慮を

嘔吐・下痢を繰り返し、脱水に注意が必要な場合は、まず水分補給に重点を置く必要があるようです。食べさせるタイミングや食事の内容に関する注意点も教えていただきました。

胃腸炎では嘔吐・下痢を繰り返すため、脱水症状を起こしやすくなります。まずは多めに水分を摂らせてください。お水よりも最近話題の経口補水液が良いでしょう。冷た過ぎず、常温に近い温度で飲ませてください。食べられるようでしたら食べても良いですが、すぐ嘔吐するのでしたら、最後の嘔吐から3時間以上経ってから食べさせてください。(看護師)
胃腸が弱っているので、お粥・うどん・柔らかく煮込んだ野菜・茶碗蒸しなど、消化の良いものを1日に5~6回に分けて、少しずつ食べさせてください。柑橘系の果物・炭酸飲料・繊維質を多く含むもの・脂肪を多く含むものは控えてください。また、乳製品に含まれるラクトフェリンは免疫力を強化させ、ノロウィルスや、その他の感染性胃腸炎を予防する働きがあるといわれています。(看護師)

胃腸炎でも、脱水が酷くない場合は、普段通りの食事でよいようです。食事内容よりも量に注意し、少量をこまめに食べさせるようアドバイスがありました。一方、症状によっては脱水対策を優先させ、水分補給を行う必要があるようです。また、食べさせるタイミングや内容も、弱った胃腸に配慮したものにすることが勧められています。


2018/02/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)