新商品

子ども向けケータイ『キッズフォン』ソフトバンクから発売

タッチパネルとカメラを搭載

ZTEジャパン株式会社は、子ども向けケータイ「キッズフォン」を2018年4月上旬以降にソフトバンク株式会社から発売することを発表しました。

「キッズフォン」は、約2.8インチのタッチ操作が可能なディスプレイを搭載した子ども向けのケータイです。また、カメラ機能を搭載しているので、親子間で写真を使ったコミュニケーションを取ることができます。

さらに、子どもを見守る安心なケータイとして、全国子ども会連合会の推奨商品にも認定されています。WEBブラウザ閲覧不可、最大20件の登録された連絡先とだけ電話の発着信やメールの送受信が可能などの機能が搭載された機種です。

約2.8インチのディスプレイ

これまでのみまもりケータイシリーズと比べて、「キッズフォン」は約2.8インチの大きなディスプレイを搭載しているので、写真やメールが見やすくなっています。さらに、タッチ操作が可能なので、子どもの小さな手でも作業を簡単に行うことができます。

有効画素数約500万画素のメインカメラを搭載し、被写体の顔を認識して撮影する写真に合成できる顔認識スタンプにも対応しているので、子どもが楽しく写真を撮影するための工夫が施されています。

「みまもりマップ」に対応

キッズフォンは、スマートフォン向けのサービス「みまもりマップ」の被検索対象としても設定可能となっています。設定を行うと、保護者は「みまもりマップ」のアプリケーションを開くだけで子どもの居場所を把握できます。

参考サイト

ZTEジャパン株式会社 プレスリリース(PRTIMES)


2018/02/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部