トイレトレーニング

お風呂でおしっこをしたがる6歳児…この習慣をやめさせるには?

お風呂に入るとおしっこをしたくなることがありますが、一体どうしてなのでしょうか。今回は6歳児のパパからの相談です。一緒にお風呂に入ると子どもがおしっこをしたがると悩んでいます。入浴前にトイレを促しても出ないようで、仕方なく許してしまっているといいますが、どうすればこの習慣を止めさせられるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

6歳児のパパからの相談:「お風呂でおしっこをしたがるのをやめさせたい」

子どもと一緒に入浴する機会が多いのですが、子どもが浴室でおしっこをしたがるのが気になります。今のところ、そのままさせていますが、気分的に良いとは思っていません。浴室に入る前にはトイレに行くよう促していますが、その時には尿意を感じていないようです。出来ればこの習慣を止めさせたいのですが、お風呂でしてしまうのは何か理由があるのでしょうか。また対策があれば教えてください。(30代・男性)

お風呂でおしっこをしたくなる理由はさまざま。血行がよくなることも原因

お風呂でおしっこをしたくなる理由はいろいろあるようです。血行がよくなることで尿が作られやすくなることも原因のようです。

お風呂でおしっこをしてしまうのには、いくつかの条件反射があります。人の身体は水の流れる音を聞くと、トイレを連想し、尿意を感じます。パンツを脱ぐというのもトイレを連想させますし、身体が温まって血行が良くなると尿が作られやすくなります。また、リラックスして膀胱や尿道の筋肉が緩み、尿が出やすくなります。(看護師)
入浴前には尿意が無かったのに、お風呂場に入ると尿意を催すことは大人でもよくあります。ひんやりしている浴室の寒さで尿意が起こる・水の流れる音で条件反射で尿意が起こる・血液循環が良くなり尿意が起こる等、原因については諸説あるといわれています。(看護師)

してはいけない理由を理解させて。「おしっこ=トイレ」という習慣づけを

お風呂でしてはいけない理由をきちんと理解させてあげるのが良いようです。おしっこはトイレでするという習慣をつけることが大切とのアドバイスがありました。

温泉などの公共の場で排尿するのは良いこととは言えません。お風呂の前には、尿意が無くてもトイレに行かせるか、トイレの後にお風呂を勧めて下さい。お風呂で排尿すると臭くなったり、ばい菌が飛び散ることがあり、マナーとしてやってはいけないと教えて下さい。(看護師)
浴室で排尿をさせたくない理由は何でしょうか。「浴室は排尿する場所ではないから」「大衆浴場などでも排尿をしてしまうかもしれないから」等、理由はあると思います。ならば、それをしっかり伝えてあげると良いでしょう。(看護師)
絵本やキャラクターを使いながら、「おしっこ=トイレ」という習慣を教えてあげると良いでしょう。入浴中に尿意が起こったら、一度入浴を中断し、トイレへ行くという習慣をつけましょう。これまで浴室での排尿を許してしまい、習慣になってしまっているなら、なおさら「なぜこれからは浴室で排尿をしてはいけないのか」ということを、本人が理解出来るまで説明してあげるようにしましょう。(看護師)

お風呂でおしっこをしたくなる理由はいろいろあるようですが、してはいけないことをきちんと理解出来るよう教えることが大切とのアドバイスが専門家からありました。


2018/02/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)