気管

2018/02/27

季節の変わり目にかかる気管支炎の対策と治療法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

季節の変わり目にかかる気管支炎の対策と治療法は?

風邪をひいたときや季節の変わり目によく気管支炎にかかるという子どもについて相談がありました。できる限りの対策を心がけているようですが、今後の対策と治療法について、医師や看護師はなんとアドバイスしているでしょうか。

4歳児のパパからの相談:「気管支炎と環境について」

4歳の息子がいます。2歳半頃に初めて気管支炎にかかりました。毎回かかるということはないのですが、風邪を引いた時や季節の変わり目などによくかかります。自宅で行っている対策としては、シャワーではなく湯船に浸からせるようにすること、空気清浄器の手入れをこまめにすること等を心がけています。季節の変わり目などに引き起こす要因としては、気温の変化などによる環境の変化だと聞きます。今後の気管支炎発症の対策と治療法を教えていただきたいです。(20代・男性)

風邪を予防し、生活習慣を整えよう

今からできる対策としては、風邪の予防、食事や休息に気をつけて強い身体を作るようにすることが勧められています。

基本的な対策として現在出来ることとして、手洗いやうがいを実行して風邪を予防することです。また、生活習慣としてバランスの取れた食事を心がけることや、質のいい睡眠をしっかりとることも大切です。(小児科専門医)
気温の変化時には、気温に合った服装を心がけることです。また体調を崩しやすいのであれば、疲れやストレスを溜めないように休息をしっかりと取らせ、タバコの煙や排気ガスは、なるべく避ける生活をすることが対策になるのではないでしょうか。(看護師)

適切なタイミングで適切な治療を受けよう

どのような薬や治療法を用いるとしても、適切なタイミングで適切な治療を受けることが大切だと指摘されています。そのためには、医師とよく相談し、医師の指示通りに薬を使用するようにしましょう。

気管支炎を起こす原因としてはウイルスや細菌が大きく挙げられますが、いずれの場合も咳や鼻水など対症療法の薬を使用することがまず第一の治療法です。細菌が原因の場合は、抗菌薬が適応になることもあります。しかしながらいずれの治療方法も必須という訳ではなく、それまでの経過やお子さんの重症度にもよります。そのため、適切なタイミングで適切な治療を受けることがとても大切です。(小児科専門医)
治療に関しては、現在使用されている治療薬がどんなものかは分かりかねます。やはり医師の処方された指示通りに、内服を行うことです。中には民間療法を信じるあまり、病院から処方された薬を飲まない方もいますが、医療に合わせて、民間療法などは行うものではないかと思います。出来る範囲のことを行ってください。(看護師)

季節の変わり目にかかる気管支炎の対策としては、風邪の予防や生活習慣の改善を心がけることが挙げられています。治療法に関しては、適切なタイミングで適切な治療を受けることが大切です。医師とよく相談し、医師の指示通りに服薬するようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加