嘔吐

2018/02/28

咳による嘔吐と薬の副作用での嘔吐、見分ける方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

咳による嘔吐と薬の副作用での嘔吐、見分ける方法は?

咳が止まらず嘔吐してしまう子どもについて相談がありました。咳を止めるために処方された貼り薬の副作用にも「嘔吐」があり、咳による嘔吐との見分け方を知りたいようですが、医師や看護師はなんと説明しているでしょうか。

4歳児のママからの相談:「咳のせいか吐いてしまうことが多いです」

1歳過ぎて卒乳したころから、風邪を引くと咳が止まらないことがよくあり、再受診すると気管支炎と診断されることがよくあります。薬を飲めば大体は落ち着いてよくなるのですが、先日また気管支炎にかかり、咳が止まらず咳のせいか嘔吐してしまいました。慌てて病院に駆け込むと、いつもの薬の他にホクナリンテープというものを処方されました。説明をよく読み子どもに貼りましたが咳が止まらず、また子どもが吐いてしまいました。その後はだんだんよくなり今は元気なのですが、ふと薬の副作用をみると、吐き気、嘔吐と記載されていました。咳による嘔吐と副作用の嘔吐に見分け方はあるのでしょうか。(20代・女性)

嘔吐時の状況をしっかり把握しよう

咳き込んだのちに吐いたのか、特に咳もしていないのに吐いたのか、嘔吐時の状況をしっかり把握することで「咳き込み嘔吐」か、副作用かを見分けられるようです。

薬の副作用による嘔吐なのか、咳に伴う嘔吐なのかを見分けるポイントは、嘔吐した時の状況をしっかり把握することです。咳き込んでいたのちに吐いた場合は「咳き込み嘔吐」が強く疑われます。その一方で、特に咳もしていないにも関わらず吐く場合は、薬の副作用やその他の病気であることが疑われます。お子さんの状況からは、今回のエピソードについてはどちらかというと咳き込み嘔吐の方がより近い印象があります。(小児科専門医)

迷う場合はかかりつけの医師に再度相談を

薬の副作用としての嘔吐は、それほど頻度の多いものではないという指摘もありました。判断に迷う場合は、薬の使用を続けるかどうか改めてかかりつけの医師に相談することが勧められています。

添付文書や薬の説明書などに、確かにご指摘の通り、吐き気などと記載してあることはあります。それは薬を飲むことで、人によってはアレルギーの様な症状を呈してしまったりするからです。頻度こそ多くないですが、書いておかないと、内服される人の中にはクレームをつけてくる方がいらっしゃいます。(看護師)
どちらによる嘔吐か判断に迷う場合は、その後薬を継続使用するべきか、それともより症状にあわせた薬の処方を受けるべきかをかかりつけの先生に再度相談したほうが良いと思います。(小児科専門医)

咳き込み嘔吐か薬の副作用による嘔吐かを見分けるには、嘔吐時の状況をしっかり把握することが大切です。どちらによる嘔吐か判断に迷う場合は、薬を継続使用するか、それとも薬を替えるのか、かかりつけの医師に再度相談することが勧められています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加