歯周病

妊娠中の歯周病対策、殺菌マウスウォッシュは大丈夫?

歯周病対策用のマウスウォッシュがミント味の殺菌タイプで、妊娠中の使用をためらっているという悩みが寄せられました。妊娠中の歯周病ケアについて、専門家の意見を聞いてみましょう。

妊娠5カ月のプレママからの相談:「妊婦でも歯周病対策用の歯磨き粉やマウスウォッシュを使って大丈夫?」

歯肉炎を妊娠前から指摘されており、歯周病対策用の歯磨き粉やマウスウォッシュなど、いろいろ試してきました。妊娠してからは、つわりがひどかったため、寝る前に歯磨きをするくらいで、歯周病ケアといわれる対策はあまりできていませんでした。安定期に入ってそろそろ歯周病ケアを始めようと思っているのですが、使っているマウスウォッシュがミント味の殺菌タイプのもので、それを妊娠中使うことは問題ないかどうか不安になりました。口に入るものですし、ミントが強いですし、殺菌成分って妊婦にとってどうなのだろうと思い、心配で使えていません。使っても大丈夫なのでしょうか。また、市販のケアだけでなく歯医者へ行くべきでしょうか。(30代・女性)

妊娠中の歯周病ケアはとても大切

妊娠中は歯周病が悪化しやすいうえ、歯周病により早産などのトラブルのリスクが高くなるといわれています。

妊娠中は、女性ホルモン(特にエストロゲンの作用による)や自律神経のバランスの変化や免疫力の低下などにより歯周病や虫歯を発症したり、元々の歯周病が悪化したりすることがあります。寝不足や疲れが溜まっていると歯茎が腫れることがありますよね。妊娠中は、身体の内部の変化に加え、ストレスや疲労が溜まりやすい状態です。そのため、歯周病ケアが重要になります。(看護師)
お腹の赤ちゃんへの影響もいわれており、妊娠中の歯周病が早産や低出生体重児のリスクと関係している可能性があるという報告があります。(看護師)

歯科医院での定期的な検診と治療を

妊娠中の歯周病ケアの方法については、殺菌剤の使用を含め、歯科医に相談することが勧められています。

妊娠中の殺菌剤の使用については、問題ないとしている歯科医もいます。しかし、妊娠中は自己判断で対処するのではなく、歯科での定期的な健診と治療を受けることをお勧めします。妊娠中である旨を歯科医に相談すると、部分的な歯周病治療や最低限の薬剤や麻酔使用による治療をしてくれるでしょう。(看護師)
妊娠前にコントロール出来ていたことでも、妊娠中は体調や回復力が異なります。悪化してしまってからでは治療が難しくなりますので、早めの受診をお勧めします。(看護師)
妊娠中はお口のトラブルも起こりやすくなります。出産すると歯科通院が難しくなるので、妊娠中に出来る範囲で歯の治療を行って下さい。(看護師)

妊娠中は歯周病が悪化しやすいうえ、歯周病による早産などのリスクも指摘されています。殺菌剤の使用の可否を含め、自己判断ではなく定期的に歯科医院を訪れ、歯科医師と相談しながら確実に歯周病ケアを行うことが大切だというアドバイスでした。


2018/03/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)