産後の生理

2018/03/16

生理痛が無くなり経血量が増加。出産した事と関係が?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生理痛が無くなり経血量が増加。出産した事と関係が?

出産してから生理の状態が以前とは異なり、生理痛が無くなった、もしくは酷くなった、また経血量が増えたという人もいる様です。生理の変化と出産にはどの様な関係性があるのか、医師や看護師さん達に尋ねてみました。

出産と生理についての相談:「産後の生理痛や経血量に変化が…出産で体質が変わったの?」

昨年出産しましたが、以前は生理痛が酷く、2日目頃まで痛み止めを飲まないと耐えられない程でした。また、妊娠前まではお腹が痛みだして生理が始まりましたが、出産後は見事に生理痛が無くなりました。しかし、逆に経血量はすごく増えたのですが、これは問題無いでしょうか。子どもを産むと体質が変わるのでしょうか。(20代・女性)

子宮口の広がりや内膜量が増えた事が主な原因

出産後に生理痛が緩和されるのは、出産により子宮口が広がり経血が排出しやすくなったためです。また経血量が増えた事については、子宮が大きくなり内膜量が増えた事などが挙げられます。

産後に生理の状態が変化する事は珍しくないですし、生理痛が改善されたという方も多い様です。その理由としては、子宮口が広がって経血が排出されやすくなった事が考えられます。経血量が増えたのは、子宮が大きくなった事や子宮内膜が厚くなった事で、剥がされる内膜量が増えたためと考えられます。(産科医師)
子宮は出産後1~2カ月かけて元の位置・元の大きさに戻っていきますが、産後6カ月経っても、まだ完全に妊娠前の大きさには戻りません。そのためしばらくは子宮の容量が大きい分、剥がれ落ちる子宮内膜の量も増え、出血が多くなります。(看護師)

3日以上多い日が続いたり、塊が頻繁に出る時は要注意

量が多い1~2日目の場合は、2時間おきくらいにナプキンを交換する程でも、特に問題は無いでしょう。しかし、生理3日目を過ぎても量が多い、また血の塊が頻繁に出るという場合は、婦人科に受診をしましょう。

経血量は個人差がありますが、生理期間中20~140mlが正常とされており、量の多い生理1~3日目で2時間おきにナプキンを変えるくらいでも正常と言われています。ナプキンを1時間おきに交換しないといけなかったり、頻回に塊が出る、3日目以降も量が多い場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患の可能性もあるため、病院を受診した方が安心でしょう。(産科医師)
生理痛はプロスタグランジンというホルモンの影響で、経血排出のために子宮を収縮させる事で起こります。そのためプロスタグランジンの分泌が多い場合は、生理痛が重くなると言われています。また子宮口が狭かったり、自律神経のバランスが乱れている、冷え等が生理痛を重くする原因となります。(看護師)
通常1年くらい経つと、経血量も徐々に元に戻ってくると言われています。1年過ぎても経血の量が多い、貧血気味や生理不順がある場合は、子宮内膜症や子宮筋腫等の病気が隠れている事もあるため、一度病院を受診すると安心でしょう。(看護師)

出産を機に、生理の状態が変わる事は多い様です。3日以上量が多い日が続く、塊が頻繁に出る等の場合は、婦人科を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加