生理の悩み

辛い生理痛、薬に頼らず生活習慣で改善できる?

生理痛に悩む女性は少なくないですが、その程度には個人差があります。毎回生理痛が重くて辛いが、出来れば薬は飲まず生活習慣で改善したいという相談に対し、医師や看護師さん達からのアドバイスです。

生理痛についての相談:「人より生理痛が酷いが、生活習慣で改善可能でしょうか」

生理痛がとても重く、私のように生理痛が酷い女性はあまり見かけません。薬は使用したくないので、このような生活習慣にすると生理痛が軽くなる、またこのような食生活にすると生理痛が緩和するなど、痛みを抑える方法があれば教えて下さい。(10代・女性)

生理痛はなぜ起こる?

子宮を収縮させるホルモンの影響や、10代だとまだ子宮口が狭く、経血がスムーズに排出されない等の理由があります。またあまりにも生理痛が酷い場合は、別の疾患が隠れている可能性もあるため、一度病院を受診した方が安心でしょう。

10代の頃は子宮や卵巣が未熟な事や、子宮口が狭く経血を出すために強い力がかかり、生理痛が強い方もいます。個人差があり痛みを感じない方もいますが、学校に通えない程の痛みがある方もいます。薬を飲んでも改善しない、バスや電車の中で立っていられない、吐き気や頭痛を伴う、毎回痛みが酷くなるようなら、病院を受診した方が良いでしょう。(婦人科医師)
生理痛が強いのは、子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌が多い・ホルモンバランスの乱れ・子宮口が狭い・骨盤に歪みがある・ストレスや疲労・冷え性などが考えられます。生活習慣が原因となる場合もありますが、元々の体質にもよるため、生理痛の程度は個人差が大きいです。生理痛が酷い場合は、子宮内膜症や子宮筋腫等の疾患が隠れている場合もあるため、日常生活に支障が出る程なら、一度病院を受診した方が良いでしょう。(看護師)

規則正しい生活習慣で身体を冷やさない

生理痛を緩和させるには、規則正しい生活習慣でストレスを溜めないようにし、また身体を冷やさない事も大切だと医師や看護師さんは説明しています。

日頃から冷えには注意し、特に下半身は冷やさないようにしましょう。出来るだけ規則的な生活を送り、睡眠不足になったりストレスを溜めないようにして、温めのお風呂で身体を芯から温めて下さい。食べ物は、根菜類・にんにく・ネギ・大根など身体を温める物を摂り、きゅうり・ナス・トマト・キャベツなど身体を冷やす物は控えましょう。(婦人科医師)
生理痛を緩和するには身体を冷やさない、ストレスを溜め過ぎない事です。食事は、血行を良くする青身魚やグレープフルーツ、子宮の収縮を緩和するビタミンB12やマグネシウム(まぐろ・さば・さんま・大豆・ごま等)、女性ホルモンの働きを調整する大豆や豆乳、身体を温める生姜やハーブティー(カモミール・ローズレッド等)が良いとされています。(看護師)
カフェインを含む食品(コーヒー・紅茶・緑茶・チョコレート等)、乳製品(チーズ・牛乳等)は身体を冷やします。また、脂質や添加物の多く含まれているスナック菓子やインスタント食品なども、生理痛には良くないでしょう。(看護師)
食生活や保温とともに、軽い運動をしてみましょう。痛みによって身体に無意識に力が入っていたり、リラックスできない状態があります。そのため、ストレッチやヨガを取り入れてみましょう。全身の血液循環を促し、身体を和らげ、気分転換につながります。(助産師)

生理痛の程度には個人差がありますが、あまりにも酷い場合は一度病院を受診した方が安心でしょう。日頃から身体を冷やさない、ストレスを溜めない、軽い運動を取り入れる等、規則正しい生活習慣を送る事が大切です。


2018/04/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)