生理周期

2018/03/19

生理周期が長くのぼせ等の症状も…早発閉経かも?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生理周期が長くのぼせ等の症状も…早発閉経かも?

生理周期には個人差がありますが、極端に短かったり長い場合は不安になってしまうものです。最近生理周期が40日程となり、のぼせやイライラ等の症状もあるが、更年期障害の可能性について心配する相談者の方に対し、医師や看護師さん達はどのようにアドバイスしているのでしょうか。

生理周期についての相談:「生理周期が段々長くなり、更年期障害の様な症状も出始めました」

元々生理不順気味ですが、最近生理の周期がどんどん遅くなり、現在は40日前後です。生理痛等は無いですが、生理でない時にお腹が痛む事が増えました。また、1人だけ暑さを感じてのぼせたりイライラしたりと、更年期の様な症状があります。30代で早発閉経の可能性は有るのでしょうか。(30代・女性)

20~30代で閉経する早期閉経と呼ばれるものも

通常、生理周期は25~38日が正常とされ、閉経については50歳前後で閉経するのが一般な様です。しかし中には、40歳未満で閉経する早期閉経と呼ばれるものもあります。元々生理不順の方や、免疫性の疾患がある方等に起こりやすい様です。

一般的に、生理周期が25~38日だと正常と考えられますが、年齢を重ねてくると卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌も低下します。平均的に、女性の閉経は50歳前後と言われますが、早期閉経と言って30代で閉経する事もあります。元々生理不順の方や卵巣の手術をした事がある方、免疫性の疾患がある方、抗がん剤治療や放射線治療を受けた方等に起こりやすく、生理の回数が減ってやがて閉経します。(婦人科医師)
相談者様の場合、恐らくはホルモンバランスの乱れ等により、一時的に現在の様な症状が出ているだけかもしれません。しかし更年期障害が出る時期はかなり個人差があり、中には30歳代から始まる方もいますし、また早発閉経というものがあり、20歳代でも閉経してしまうという事例もある様です(看護師)
更年期障害とは、体内のホルモンバランスが変化する事で現れる様々な症状を、ひとまとめにしたものを指します。更年期障害の症状は人それぞれですが、相談者さんのようにイライラしたり、身体が暑く感じる様な事もあります。(看護師)

早期閉経では更年期に似た症状も

早期閉経では、更年期障害に似た症状が現れる事もあります。規則正しい生活習慣を心掛けて、妊娠を希望するのなら、一度病院を受診してみると良いでしょう。

早期閉経ではのぼせやすい、気分の浮き沈みがある等、更年期障害に似た症状が現れます。早期閉経のリスクを下げるためには、規則正しい生活を心掛け、ストレスを溜めない様にする事、激しいダイエットや喫煙は控えて下さい。妊娠を希望される場合は排卵誘発剤を使ったり、卵胞が残っている内に体外受精も可能です。(婦人科医師)

少しではありますが、正常とされる生理周期とはズレがある様です。生活習慣を整えると改善する場合もありますが、早期閉経や更年期障害の可能性について、一度病院を受診して医師に相談してみると安心ではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加