悪露

産後の悪露、量が多いのは体質?少なくする事は出来る?

出産時の悪露が多いのは体質なのでしょうか。今回は30代の女性からの相談です。産後の出血が多く、2人目の時も同じ状態になるのではないかと悩んでいます。専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

悪露についての相談:「悪露の量が多いのは体質でしょうか?」

1人目を出産した時に出血が酷く、産後の悪露の量もとても多かったです。出産後1週間の入院生活の時は特に多くて大変でした。退院後も量が減ることがなく、約1カ月間続きました。子宮の戻りは悪くはなかったのですが、悪露が続く事がとても不安でした。今後2人目を考えていますが、最初に悪露が多かった場合は次も多くなるのでしょうか。また少しでも悪露の量を少なくするための対処法等はありますか。(30代・女性)

産後の無理は長引く原因に

産後に無理して動くと、長引く原因となるので注意しましょう。

1人目の時に悪露が多くても、2人目の時も多い事とは限らないので安心してください。出産後、赤ちゃんが入っていた子宮は元の大きさに戻ろうとします。子宮の中には赤ちゃんや羊水、胎盤などが含まれており、出産後は不要になります。悪露はそのような不要なものを体外に排出しようとする身体の自然な働きですし、1カ月程度の悪露は異常ではありません。(血液内科看護師)
悪露の状態で、子宮の回復を知る事が出来ます。産後1カ月は安静を心掛ける事で子宮の回復が早まり、悪露が落ち着きます。反対に無理をすると子宮の回復が遅れるため、悪露がいつまでも続くなど長引く原因になります。(一般内科看護師)

産後の床上げは1カ月。身体が元に戻るのに必要な時間

床上げという言葉があるように、産後1カ月間は身体が元に戻るのに必要な時期です。

昔から産後の床上げという言葉があり、産後1カ月は安静にしておく事が大切です。妊娠中の身体は約10カ月掛けてゆっくり変化したため、戻るのにも時間が掛かります。労って出来るだけ休みましょう。(血液内科看護師)
悪露は通常4〜6週間続くと言われていますので、この期間は出来るだけ激しい動きは避けるようにしましょう。またガードルを締め過ぎると、悪露が増える事があるので、退院後はお腹周りを締め付けるのは止めましょう。(一般内科看護師)
悪露の量には個人差がありますが、悪露が増えたり減ったりしながら最終的には無くなります。産後の悪露が心配な時は安静に過ごせるよう、家事や育児などは家族に協力してもらいましょう。(一般内科看護師)

産後1カ月は床上げと言われるように、身体が元に戻る時期です。安静に過ごせば、子宮や身体の回復が早まり、悪露もおさまりやすくなります。


2018/05/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)