妊娠中期の生活

2018/04/15

妊娠中の疲労感と眠気、足のだるさ…原因と対策は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中の疲労感と眠気、足のだるさ…原因と対策は?

妊娠6カ月頃から、疲労感や眠気、足のだるさに悩まされているという妊婦さんからの相談です。妊娠が進むにつれてますます酷くなっているということですが、原因と対策について専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

妊娠7カ月のプレママからの相談:「すぐに足が疲れて身体もだるくやる気が起きない」

妊娠6カ月のあたりから、掃除をしたりした後、急激な疲労感と眠気、足のだるさに襲われます。昼間は2時間程昼寝をしてしまうくらいだるい日もあります。妊娠週数が増えるにつれてどんどん酷くなっています。鉄分やカルシウムが足りていないのかと思い、意識して摂取していますが、変わりませんでした。自分が怠けているようで嫌になることもあります。最近はボーッとしている時間も増えてきました。どうすれば改善するのか、何が原因なのか知りたいです。(30代・女性)

ホルモンバランスの変化と体力消耗が原因

プロゲステロンやエストロゲンなどの分泌が変化することや、お腹が大きくなったことによる体力の消耗が原因だと指摘されています。

妊娠初期の眠気はプロゲステロンの分泌が増えるせいであるといわれており、妊娠中期に入ってもプロゲステロンの分泌が優位になるので眠気が続くことがあります。また、妊娠後期になるとエストロゲンの分泌が増えることで眠れなくなりますが、夜しっかり眠れないため日中常に頭がボーっとすることがあります。(看護師)
妊娠中期に入るとお腹が大きくなり、すべての動作で体力が消耗されるため疲れやすくなります。また、つわりが終わりしっかり食事を摂れるようになることで、血糖値が上がり眠気が起こったり、消化管に血流が集中し頭がぼーっとするようになったりすることも考えられます。(看護師)

気にせずとにかく休息をとることが大切

だるさや眠気は、母体の休息を求めるサインであるという指摘もありました。怠けているのではないかといった気兼ねはせず、必要な休息をとるとよいようです。

身体がだるいときは横になってリラックスしましょう。好きなことをしたり・静かな音楽を聴いたりして短時間でも気分転換して下さい。貧血の影響もあるかもしれませんので、鉄分・たんぱく質・ミネラル・ビタミンなどは今後も積極的に摂取すると良いでしょう。怠けているわけではありません。お腹の中で人間を育てるという大仕事をしているのですから、堂々と休んで下さい。(看護師)
眠気は、母体を休ませるようにする脳からの指令であるともいわれています。母体の体力を温存させ、免疫力を維持し、子宮への血流を確保するためには休息が大切です。そのため、活動後に眠気が起こると考え、眠気を感じたときには寝てしまうと良いでしょう。眠気改善の最も良い対策は、寝ることです。(看護師)

妊娠中の眠気やだるさの原因は、ホルモンバランスの変化や、お腹が大きくなったことによる体力の消耗だということです。母体に必要な休息をとらせるための脳からの指令ですので、寝たりリラックスタイムを設けたりするとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加