妊娠中の病気・身体の悩み

2018/05/03

妊娠後期、少し疲れるとフラッとする…原因と対処方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠後期、少し疲れるとフラッとする…原因と対処方法は?

貧血や血圧の問題はないのに、疲れるとフラッとめまいがするという相談が寄せられました。原因と、外出先での対処方法について、専門家のアドバイスを見てみましょう。

産後1カ月のママからの相談:「妊娠後期から疲れでフラフラするのが心配です」

元々貧血気味ではないのですが、妊娠後期あたりから、買い物などをして少し疲れると視界が突然暗くなってフラッとすることが増えてきました。2歳の娘がいるため、ゆっくり休むことが出来ません。産婦人科で相談したのですが、特に血圧に問題があるわけでもなく、また血液検査でも問題はありませんでした。これまでなかったことなので、何か病気なのか、お腹の子どもに影響がないかなど気になります。外出先でこのような症状が出た時に、即効性のある回復方法があれば教えて欲しいです。(30代・女性)

自律神経や水分バランスの変化が原因の可能性も

妊娠中には自律神経や身体の水分バランスが変化するため、血流に影響を及ぼし、めまいやふらつきが起こることがあるようです。

貧血や血圧が正常値であれば、自律神経の乱れが原因かもしれません。妊娠中は女性ホルモンの変化による影響・ストレスや睡眠不足・生活習慣の変化などにより自律神経のバランスが乱れやすくなります。自律神経は身体の調子を整える神経で、呼吸・循環・体温・消化などをコントロールしています。そのため、自律神経のバランスが乱れると動機・息切れ・めまいなどの症状が出ることがあります。(看護師)
妊娠中は身体の水分バランスが変化します。妊娠後期には、身体の水分量が1.5倍になるといわれ、その水分は子宮に集中しています。そのため、血圧は正常であっても、急に立ち上がったり、運動・入浴をするなど、身体に急激な変化が起こったりした際に、脳への血流が低下し、めまいやふらつきが起こることがあります。(看護師)

いったん座って休み、無理をしないことが大切

ふらつきが出たらまずは座って休むようにすること、無理な外出や家事の頑張り過ぎを避けること、めまいがひどい場合は医師に相談して他の原因を探ってもらうことが勧められています。

めまいがする時は、一旦、座って休んで下さい。バランスの取れた食事で、たんぱく質・鉄分・葉酸・ミネラルなどを多めに摂って下さい。急に立ち上がったり・長時間の外出・気温が高いときの外出は控えた方が良いでしょう。産後は、少なくても1カ月は休むことを中心に育児をして下さい。家族に協力してもらって、出来るだけ家事は手抜きしましょう。(看護師)
めまいが酷い場合は、再度担当医に相談しましょう。例えば、地面や天井がグルグル回っているように感じるめまい(回転性めまい)の場合は、耳に問題がある可能性もあります。どのようなめまいがいつ起こるのか、担当医に具体的に相談すると診療の助けになります。(看護師)

妊娠中のめまいやふらつきは、自律神経や水分バランスの変化により引き起こされるようです。症状が出たらまず一旦座って休むことに加え、普段からしっかり休息をとることが勧められています。めまいがひどい場合は病気が隠れていることがあるため、医師に相談するのがよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加