痒み

妊娠してから痒みが止まらない…保湿をしても治まらないのはなぜ?

妊娠中、痒みに悩まされる人は多いようです。今回の相談者さんもそんな一人です。保湿ケアをしているものの、一向によくなる気配がないと悩んでいます。専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

妊娠中の肌トラブルについての相談:「保湿してもおさまらない痒み」

妊娠初期から身体の至るところが痒いです。特にお腹や二の腕、太ももは酷く、気がつけば掻きむしって真っ赤になってしまい、家族から注意されることがあります。外出時も痒くて堪らない時があります。毎日、入浴後に化粧水をつけ、保湿クリームをたっぷり塗ってケアしていますが、塗ったそばから痒くて掻いてしまいます。痒い部分が妊娠線の出来やすいところなのが気になります。このままだと妊娠線が出来てしまうのでしょうか。(30代・女性)

妊娠性皮膚掻痒症の可能性あり。原因はホルモンバランス

妊娠中の痒みはホルモンバランスの変化が原因の場合があるようです。

妊娠中に身体中が痒くなることを「妊娠性皮膚掻痒症」と呼びます。湿疹を伴う場合、「妊娠性痒疹」などが疑われます。妊娠性皮膚掻痒症は、女性ホルモンのバランスの変化による皮膚の乾燥が原因の一つといわれます。(看護師)
女性ホルモンのプロラクチンは皮膚を乾燥させ、肌荒れなどのトラブルを引き起こします。プロラクチンは妊娠初期から分泌が増え、妊娠中を通して様々な皮膚トラブルを引き起こします。(看護師)
妊娠線はお腹以外にお尻・太もも・乳房などにも出来る場合があります。予防にはやはり保湿ですが、妊娠線予防専用のクリームやオイルの方が効果が期待出来ると思います。(看護師)

妊娠中は市販薬が強すぎることも。病院で低刺激のものを

肌が敏感な時期のため、通常のケアでは強すぎる場合もあるようです。病院で処方してもらうのが良いとのアドバイスが寄せられました。

まずは乾燥対策が重要です。化粧水や保湿クリームによる保湿はとても良いことです。ただし、妊娠中は普段とは皮膚の状態が異なります。これまで肌に合っていたクリームでも妊娠中の皮膚には刺激が強い場合があります。(看護師)
病院で相談されましたでしょうか。妊娠するとホルモンバランスの変化によって肌トラブルが起こりやすくなります。妊娠線予防も含めて保湿は大切ですが、クリームを塗ったそばから痒くなるのは、クリームが肌に合っていないのかもしれません。(看護師)
市販の薬をお使いでしたら、一度、医師に相談した方が良いでしょう。痒みが酷いのでしたら、痒み止めの方が良いかもしれません。もしステロイド入りの軟膏を処方されても、局所に使用するため、胎児には影響ありません。ご安心下さい。(看護師)
保湿液が刺激となって皮膚トラブルを助長している可能性もあり、保湿液の見直しをお勧めします。皮膚が乾燥していると皮膚の柔軟性が低くなるため、お腹が大きくなった時に皮膚が裂けて、妊娠線が出来やすくなります。痒みが強い場合は担当医に相談しましょう。産婦人科で低刺激の保湿液を紹介してくれることもあります。一度相談してみると良いでしょう。(看護師)

妊娠中はホルモンバランスの変化から痒みが起こることがあるようです。保湿は大切ですが、市販のものでは刺激が強い場合もあるため、担当医について相談し、処方してもらうのが良いとのアドバイスがありました。


2018/05/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)