トイレトレーニング

2018/05/04

トイレトレーニングが全然進まない2歳児…良い教え方は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

トイレトレーニングが全然進まない2歳児…良い教え方は?

トイレトレーニングを始めたものの、いつもオムツにしてしまい、おまるのこともおもちゃだと思っている2歳児について相談がありました。効果的なトイレトレーニングの教え方について、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

2歳児のママからの相談:「トイレトレーニングの良い教え方」

トイレトレーニングは2歳からといわれて、2歳になる前からちょこちょこトレーニングを始めたのですが、現在2歳3カ月ですが全然おしっこがでることを教えてくれません。おしっこがでる感覚がわからないのか、おむつにしてしまいます。うんちも同じです。おむつを履いているからしてしまうのかなと思い、おむつを履かせずに家の中で過ごさせたのですが、床にしてしまい大変でした。おまるのことはおもちゃだと思っていて、洋服をはいたまま乗り遊んでいます。トイレトレーニングの良い教え方はあるのでしょうか。(20代・女性)

まずは概念を認識させることから始めよう

子どもにまだ排泄についての概念がはっきりしていないのではという指摘がありました。親がトイレに座っているところを見せたり、絵本や動画などを活用して、排泄について教えることが勧められています。

排泄したら「チーでたね~ウンチだね~」と、それがおしっこやウンチと自覚できるように教えてください。おまるに座るときはパンツを脱がせて、おしっこをするところと教えてください。ママがトイレで排泄しているのを見せるという方法もあります。また、パンツを履かせてからオムツを履かせると、排泄後の不快感が自覚できますし、床やズボンも汚れません。(看護師)
お子さんは、まだおしっこ・うんち・おまる・トイレなどについての概念がはっきりしていないのかもしれませんね。そのため、おしっこやうんちについて、おまるは何に使うものなのか、トイレは何をする場所なのかについて教えてあげることからはじめてはどうでしょうか。(看護師)
絵本や歌・動画などを利用して排泄行為について視聴覚的に伝える・人形のお世話を通しておむつは赤ちゃんにしてあげるものということを教える・親がトイレに座る姿を見せるなどすると良いでしょう。(看護師)

トイレでの排泄にうれしいイメージをつかせよう

トイレを強制したり遊びを中断させて連れて行ったりしないこと、トイレで排泄できたらたくさん褒めることなどで、トイレに対する良いイメージを定着させるとよいようです。

トイレは2時間くらいを目安に声掛けし、何回も誘ったり、強制的にトイレに連れて行かないようにしてください。また、お子さんが夢中で遊んでいる時は声掛けしないでください。(看護師)
1回でも便器で排泄ができたら、たくさん褒めてあげ「トイレでおしっこをすることは嬉しいこと気持ちの良いこと」というイメージを持たせてあげると良いでしょう。(看護師)

まずは排泄についての概念をはっきりさせるために、排泄物やトイレについて教えてあげるとよいようです。トイレで排泄できたらしっかり褒めて、トイレに対する良いイメージを持たせることも勧められています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加