調査・アンケート

2018/03/29

半数以上が防災グッズを準備!防災の備えに関する意識調査

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

半数以上が防災グッズを準備!防災の備えに関する意識調査

男女530名を対象に調査

アクアクララ株式会社は、2018年2月にアクアクララ公式コミュ二ティ「ベビアクアコミュニティ」の会員を対象に、男女530名に「防災の備えに関する意識調査」を実施しました。

「ベビアクアコミュニティ」は、妊娠中の方や子育てママの皆さんを中心とした、家事や育児の息抜きにおしゃべりし合えるアクアクララの公式コミュニティです。

子どもが生まれて防災に対する意識が変化

「災害に備えて防災グッズの準備をしていますか?」との質問に対し、「準備している」と回答した人が56.8%でした。半数以上が防災グッズを準備しており、防災意識が高まっています。防災グッズを準備している方に実際に準備している防災グッズを尋ねると、1位「飲料水」89%、2位「懐中電灯」79.1%、3位「食料品」78.4%という結果で、定番品が上位に並びました。

「お子さんが生まれる前と後で、防災に関する意識は変化しましたか?」の質問に対し、約65%の方が「意識が変化した」と回答しています。

3人に1人は「ローリングストック法」を知っている

災害に備えて防災グッズを準備している方の76.7%が、備蓄品を使用することがないまま賞味期限切れを経験したことがあると回答しました。定期的に賞味期限の確認する必要性がうかがえます。

日頃から備蓄品を消費し、消費したら買い足す「ローリングストック法」という備蓄方法を尋ねたところ、知っている人は38.7%でした。

ベビアクアコミュニティ調べ

参考サイト

アクアクララ株式会社 プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加