話題・時事ネタ

2018/04/01

看護師が見守る子育てカフェのクラウドファンディング開始

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

看護師が見守る子育てカフェのクラウドファンディング開始

クッションフロアと自動水栓設置費用を募るプロジェクト

一般社団法人うちナースは、看護師が見守る子育てカフェ「ごろねのくに」のクラウドファンディングプロジェクトを2018年3月9日より開始しました。

今回のプロジェクトでは、子育て中のパパママが「子連れでも」ほっとひと息つくことができるカフェ「ごろねのくに」をより安心した場とするための、クッションフロアと自動水栓設置費用を募ります。看護師が見守る安心感だけでなく、走り回っても転んでも安心なクッション床と、手を介した感染症予防のための自動水栓設置により、環境面での安心を担保します。

子育て中のママ看護師が店員

「ごろねのくに」には3つの特長があります。

  • 1.店員は全員、子育て中のママ看護師
  • 2.くつを脱ぐスタイルなのでハイハイする赤ちゃん連れでも安心
  • 3.こどもの病気のことも、育児の悩みも気軽に相談できる

ごろねのくにを運営する一般社団法人うちナースは、子育てを理由に医療現場から離れている看護師の団体です。そのため、ごろねのくにの店員は全員、子育て中のママ看護師となっています

また、看護師は医療の専門家であるだけでなく、「傾聴」「共感」「受容」というコミュニケーションスキルを徹底してトレーニングしている「話を聞くプロ」なので、子どもの病気や育児の悩みを気軽に相談することができます。

一般社団法人うちナースはこれまで、LINEで子育て相談ができる「子育てほっとLINE」を中心に活動していました。今回のプロジェクトでは、LINEだけでなく「顔の見える」安心な場作りとして、「靴を脱ぐ」「相談所ではない」「気軽に入れる」カフェを設定しています。ごろねのくにの開業予定は2018年4月となっています。

プロジェクトは一口50,000円から支援を受付

プロジェクトは一口50,00円から支援を受け付けています。支援のリターンは、カフェでの飲食サービスやこども一日店長体験などになっています。今回のプロジェクトは4月27日23時までで、目標金額の100万円に達した場合のみ、プロジェクトが成立となります。

参考サイト

一般社団法人うちナース プレスリリース(ValuePress)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加