ピル

2015/05/17

足に筋肉痛のような痛み…低用量ピルの副作用が原因?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

足に筋肉痛のような痛み…低用量ピルの副作用が原因?

生理痛がひどい、生理前になるとイライラする、月経が不順であるなど、女性特有の悩みを軽減してくれる低用量ピル。服用し始めてから足に筋肉痛の様な症状が出るけれど、これは低用量ピルの副作用なのかという問いに、看護師さんたちが回答しています。

低用量ピルについての相談:「低用量ピルを服用中。足の痛みは副作用?」

35才ですが、生理前になるとイライラや腰の痛みが酷く、生理中は下腹部の痛みが激しく鎮痛剤無しでは耐えられない程でした。婦人科で低容量ピルが処方されましたが、副作用として血栓が詰まるケースがあると言われ、その前兆として足がつったり筋肉痛が出るとのことでした。内服を始めて3カ月、足がつるほどではないですが運動をした訳でもないのに筋肉痛のような痛みがあり、受診をするべきか様子をみてよいのか迷っています。(30代・女性)

静脈血栓症の場合片側の足に激しい痛みが出る

低用量ピルの場合、副作用が現れることは少ないようです。しかし中には、服用後数カ月で静脈血栓症を発症する方もいて、一般的に片側の足に激しい痛みを伴うと言われています。

低用量ピルの副作用はあまりみられないのですが、病院から説明があったように服用して3カ月ぐらいで静脈血栓症が起こることがあります。(婦人科看護師)
血栓症は一般的に、足の片側だけに強烈な痛み(針を刺されたような痛み)を生じることが多いと言われているので、参考にしてください。(内科看護師)

筋肉痛は副作用である可能性も

筋肉痛は、ピルの副作用である可能性も否定できません。医師に確認した方が安心なので、不明な点や気になる症状がある場合、病院を受診した方がよいでしょう。

足がつったりむくんだり、頭痛や胸痛などの副作用が出た場合は服用を中止した方がよいと思います。早めに受診するか電話でもよいので、一度主治医に問い合わせてみてはいかがでしょうか。(婦人科看護師)
ピルによっては副作用に筋肉痛を挙げているものもあります。足に痛みがある時にはその原因を調べた方が良いので、念のため主治医に相談して必要であれば検査を行った方がよいでしょう。また、今後服用を継続しても問題がないかどうかも、主治医と相談された方がよいですね。(内科看護師)

病院から説明があったように、低用量ピルの副作用として静脈血栓症になることがあり、その前兆として足がつったり筋肉痛になるということがあるようです。特に運動をしていないのに筋肉痛のような痛みがあるということなので、一度病院を受診した方が安心かもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加