話題・時事ネタ

2018/04/08

ミャンマーの貧困をなくしたい!教育支援プロジェクト開始

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

ミャンマーの貧困をなくしたい!教育支援プロジェクト開始

子ども1000人に校舎を届けるプロジェクト

特定非営利活動法人リンクトゥミャンマーは、2018年3月15日よりクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて「ミャンマーの貧困格差をなくしたい!ラカイン州で親と離れて暮らす子ども1000人に校舎を届けるプロジェクト」を開始しました。

今回のプロジェクトでは、教育で貧困からの脱却を目指す子どもたちに、安心して勉強できる場所をプレゼントするため、ミャンマー西部ラカイン州タンドゥエにあるパレ・ヤーダナー寺院学校の校舎1フロアを建築するための建築資材費、建設費、施工管理費、事業管理費(約470万円)を集めます。

教育で貧困から脱出

プロジェクトでは、資金不足により建築が中断している校舎の2階部分を建設します。2階部分を建設することで、校舎が足りずに外で学習している子どもたちが、よりよい環境で勉強することができます。

タンドゥエのパレ・ヤーダナー寺院学校は全寮制で、生活費や教育費は全て無償です。貧困を脱するには教育が必要で、教育の環境整備と居場所作りを通して、ミャンマーの貧困格差を是正します。

プロジェクトの今後の展望

目標金額に達成した場合は、ミャンマーを訪れ、6月より施工管理者と業者の選定を開始します。施工開始は乾季が始まる10月を予定しており、完成は2019年3月以降を予定しています。プロジェクトはミャンマー人と日本人が建設中も現地を訪れ、共同で管理します。

プロジェクトの支援は3000円から可能で、支援者には支援金に応じて、理事長の著書などを届ける予定です。

参考サイト

特定非営利活動法人リンクトゥミャンマー プレスリリース(ValuePress)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加