葉酸

妊娠中の貧血、どのように対策をするのが適切?

妊婦さんの多くが経験する、妊娠中の貧血。食事に気をつけたにも関わらず貧血になってしまった妊婦さんからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているのでしょうか。

妊婦さんからの相談:「食事や生活など、貧血対策で気をつけることを教えてください。」

この間の定期健診で、貧血だと診断されました。食事に気をつけるように言われ、レバーなど鉄分の多いものを食べるようにしましたが、なかなか貧血が改善されず鉄剤を処方されました。妊娠中の貧血の場合、どのようなことに気をつけて生活したらよいでしょうか。できるだけ普通に動いたほうがいいのでしょうか。やはり食べ物に気をつけて、鉄分の多いものを食べるようにしたほうがいいのでしょうか。(30代・女性)

まずは処方された鉄剤の服用を。

鉄剤は赤ちゃんに問題ないので医師の指示に従って服用し、食事でも鉄分を意識して摂るようアドバイスがありました。

できれば食事で補えるとよいのですが、妊娠中は心がけていても、鉄分が不足しがちです。鉄剤の使用は赤ちゃんには問題ありませんから、医師の指示に従って服用してください。病院から説明があったかもしれませんが、鉄剤を服用すると便が黒くなりますが、心配ありません。また、服用するときは水で服用してください。(産科・婦人科看護師)
まずは処方された鉄剤をきちんと忘れずに飲むようにしてください。あとはやはり食事が大事になります。(一般内科看護師)

鉄分はビタミンCやたんぱく質と一緒に摂って。

鉄分は、ヘム鉄と非ヘム鉄に分けられ、両方をバランスよく摂る必要があります。また、鉄分は身体に吸収されにくいため、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ることが大切です。

鉄分は、ヘム鉄、非ヘム鉄に分けられます。ヘム鉄は、レバー、卵黄、貝の佃煮、魚類など動物性のものに含まれ、非ヘム鉄は、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、納豆、切り干し大根、海藻類など植物性のものに含まれています。どちらもバランスよく食べなければなりません。(産科・婦人科看護師)
鉄分は身体に吸収されにくいので、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ることが大切です。魚と野菜を一緒に料理したり、食後に果物を食べてもかまいません。野菜と果物でジュースやスムージーを作ると、一度にたくさん摂ることができます。また、緑茶やコーヒーに含まれるタンニンが鉄分の吸収を妨げるので、飲む場合は食事中や食事直後は避けてください。 (産科・婦人科看護師)
ベビー用品店や薬局で売っている、葉酸入りのクッキーや、カフェインを含まない葉酸入りのコーヒーなどを摂るのもおすすめです。(一般内科看護師)

まずは医師の指示に従い、処方された鉄剤を服用しましょう。食事は、ヘム鉄と非ヘム鉄の両方を、身体への吸収を高めるためビタミンCやたんぱく質と組み合わせて摂ると良いでしょう。


2015/05/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)