立ち会い出産

貧血ぎみの夫が立ち会い出産を希望…倒れたりすることはないの?

最近では、分娩時に立ち会い出産ができる病院も増えてきたようです。ご主人が立ち会い出産を希望していますが、元々貧血持ちなので出産の最中に倒れはしないか心配という相談に、看護師さんたちからのアドバイスです。

立ち会い出産についての相談:「夫が貧血持ち。立ち会い出産は可能でしょうか?」

主人は立ち会い出産を希望していますが、もともと貧血があって倒れることがある上に気が弱いので、途中で倒れでもしたら周りに迷惑なので困るなと思っています。ドラマでよくそういうシーンがありますが、実際に出産がショックで倒れる人はいるのでしょうか。 (20代・女性)

感動の反面、トラウマになることも

我が子が生まれる瞬間を見てとても感動したという人もいれば、出産シーンがショックでトラウマになってしまう人もいるようです。立ち会い出産には賛否両論があり、病院によっては感染予防などの徹底のため、立ち会い出産を禁止している所もあります。

一般的に男性は大量の出血に弱いと言われ、分娩室は血液や羊水の生臭い臭いがしているので耐えられるかわかりません。あるデータによると立ち会い出産は全国的に31%と低い割合で、これは感染予防やママに分娩に集中してもらうこと、また出産後の夫婦関係などを考慮して病院が立ち会い出産を禁止している所が多いことも反映されています。(産科看護師)
出産に立ち会うことで父親としての自覚が芽生え、出産に感動したり、痛みを分かち合うことで家族に対する愛情が深くなると考えられます。しかし、大量出血を伴う壮絶な場面がトラウマになり産後の夫婦生活ができなくなったり、ドラマのように綺麗な状態ではなく羊水でどろどろの赤ちゃんを見て怖くなり、子育てに協力できなくなるパパもいます。(産科看護師)

気分が悪くなったらすぐ退室を

貧血が心配だといっても、立ち会いたいと思うご主人の気持ちは素晴らしいことです。分娩中に気分が悪くなったらすぐに退室するなど、事前に夫婦で決めごとをしておくとよいのではないでしょうか。

ある病院のアンケートでは、出産に立ち会ったほとんどのパパが感動した、立ち会ってよかったという感想を述べています。嫌がる方が大半の中、自ら立ち会うというご主人の意見を尊重してあげたいですし、私個人の意見としては分娩の大変さを理解してもらうため立ち会ってほしいと思います。気分が悪くなったら早めに退室するなど、病院とも話し合いの上夫婦で決断してください。(産科看護師)
長時間の立会いで気分が悪くなり、倒れてしまう人もいます。助産師も看護師も手が離せない状況で旦那さんに倒れられるとかなり迷惑がかかってしまうことにもなり、倒れたがばかりに生まれた子供をすぐに見られないという悲しい状況になってしまう可能性もあります。立ち会う場合は、具合が悪くなったらたら早めにその場を立ち去るようにするなど、夫婦で決めておくことも必要です。(内科看護師)

立ち会い出産を希望されるご主人の気持ち、とても嬉しい反面不安もありますよね。分娩室で気分が悪くなった時はすぐに退室できるようにしておくなど、事前に病院とも話をしておくとよいでしょう。


2015/05/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)