息抜き・小ネタ

「鼻うがい」で、その鼻スッキリさせませんか?

花粉症のこの季節…
特に目や鼻に花粉がついて鼻づまりや鼻水に悩まさられます。
花粉症に限らず風邪をひいたときなどの粘り気のある鼻水や、ハウスダストやアレルギー物質による鼻づまりや鼻水といった、鼻がこうむる被害はやっかいなものです。
そこで、今回は「鼻うがい」をご紹介したいと思います。
手洗いやうがいと同じように、鼻をスッキリさせるのです。
それでは、詳しくご紹介していきましょう。

鼻うがいは専門的には「鼻洗浄」

専門的には「鼻洗浄」とよばれる鼻うがい。鼻の奥と喉の境界にある「上咽頭」を洗うことがねらいです。花粉やウィルスは喉よりも鼻の上咽頭に付着しやすいと言われます。
その意味では、鼻うがいは喉のうがいよりも効果的かもしれません。
なぜなら、喉のうがいでは上咽頭は洗い流せないからです。
鼻うがいによって鼻の中のアレルギー物質、ウィルス、汚れなどを流しだすことが可能となり、次のような効果が期待されます。


・花粉症対策
・風邪予防
・鼻づまりの解消
・鼻炎改善
・慢性副鼻腔炎(蓄のう症)の軽減や改善

鼻うがいの方法

お風呂やプールで経験されたかと思いますが、鼻に真水が入ると体液と水の浸透圧が違うために鼻がツーンとすることがあります。
そのため、鼻うがいでは体液と同じ浸透圧の「生理食塩水(0.9%の食塩水)」を用います。

生理食塩水の作り方
1. 水をいったん沸騰し、人肌くらいのぬるま湯まで冷ます
2. 1リットルのぬるま湯に、9グラムの食塩を入れて溶かす
3. 鼻うがいをするたびに新たに作ること

準備するもの
1. 上記の生理食塩水
2. 洗面器やコップ、ペットボトルなど
3. タオルやティッシュペーパー

鼻うがいのやり方

鼻うがいには、自前のやり方と市販のグッズを使ったやり方があります。
自前のやり方

<生理食塩水を流し込む方法>
1. 鼻の穴に差し込める容器ノズルの付いたプラスティックボトルに生理食塩水を入れる
2. 前かがみになって容器を押しながら生理食塩水を鼻に流し込む。このときやや顔を横に傾けることと、「えー」と声を出すと流し込みやすいでしょう。
3. 流し込んだ生理食塩水を鼻から出す(慣れてきたら口から出すとよいでしょう)

<洗面器の生理食塩水を吸い込む方法>
1. 洗面器に2リットルの生理食塩水を入れる
2. 片方の鼻の穴を指で押さえて顔を洗面器に近づけ、もう片方の鼻の穴から生理食塩水を吸い込む(飲み込まないように注意を!)
3. 洗面器から顔をはずして、吸った鼻から生理食塩水をだす(慣れてきたら、もう片方の鼻や口から出してみる)

<ストローで生理食塩水を吸い込む方法>
1. コップなどに500ccの生理食塩水を入れてストローを挿す
2. 片方の鼻の穴を押さえて、もう片方の鼻の穴からストローで生理食塩水を吸い込む(飲み込まないように注意!)
3. ストローから鼻を外して、吸った鼻の穴から生理食塩水を出す(慣れてきたら、もう片方の鼻や口から出してみる)

グッズを使う方法
鼻洗浄用のネティポット、専用の洗浄器具や洗浄液が市販されています。取扱説明書に添ってこれらを使用するのもよいでしょう。

鼻うがいの注意点

次のようなことに注意しながら鼻うがいを行うことが、専門医から助言されています。

1日1~2回程度でやりすぎには注意を!
 1回で2~3度、鼻うがいをくり返しヌルヌル感がなくなるようにする。1回に生理食塩水200ミリリットル程度で十分

鼻うがいの後、鼻を強くかまない
 終わったら前かがみで、頭を左右に傾けて生理食塩水をすべて出す。そのあと軽く鼻をかむのはよいが、強くかむと中耳炎の原因になることもある

鼻に生理食塩水を入れるときに大きく上を向かない
 やや上を向くと上咽頭にとどきやすくなるが、大きく上向くと耳に入って中耳炎になる恐れもある。前かがみでやや上を向くくらいがよい

生理食塩水を吸い込んでいるときに、つばを飲み込まない
 これも、生理食塩水や洗浄液が耳に入るのを防ぐため

鼻に炎症があったり、鼻づまりがひどい時、あるいは喉に鼻水が流れる病気「後鼻漏」などの場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。
子どもの場合、自己流のやり方はおすすめではありません。
子どもでもできる市販の器具を用いるか、耳鼻咽喉科で鼻洗浄をしてもらいましょう。

【参考】
eo健康『風邪や花粉症対策に効果的!痛くない「鼻うがい」でスッキリしよう

<執筆者プロフィール>
藤尾 薫子(ふじお かおるこ)
保健師・看護師。株式会社 とらうべ 社員。産業保健(働く人の健康管理)のベテラン

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】




2018/05/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部