息抜き・小ネタ

2018/05/10

そろそろ紫外線が気になる季節… あらためて、紫外線の何が悪い?

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

そろそろ紫外線が気になる季節… あらためて、紫外線の何が悪い?

あたたかくなると外出の機会が増える一方、紫外線の影響が気になります。
紫外線を浴びすぎると「良くない」というイメージは、どなたもおありだと思います。
今回はあらためて、紫外線の何が悪いのかを解説したいと思います。

そもそも、紫外線とは?

紫外線は目で見ることはできませんが、太陽から放出されている光の一つです。
太陽の光は、波長によって目に見える「可視光線(かしこうせん)」と、赤外線や紫外線のように目には見えない「不可視光線(ふかしこうせん)」に分けられます。
紫外線はさらに、UVA・UVB・UVCの3種類に分けられますが、UVCはオゾンなどに吸収されるため、地表に届くのはUVAとUVBの2種類です。

紫外線の働き

「健康のためにほどよい日光浴は必要」と言われるように、紫外線は体内でビタミンDを作り骨を丈夫にするなど、身体にとって必要なものでもあります。
しかし、長時間紫外線を浴び続けていると皮膚や目などに悪影響を及ぼしてしまいます。
具体的には、紫外線の約9割を占めるUVAは、急な危険度は高くないと言われています。
ただし、皮膚の表皮を越えて真皮まで届いてしまうため、ダメージが長年蓄積すると、肌のハリや弾力が低下する光老化を招きます。
一方、紫外線の約1割を占めるUVBは、UVAよりも浅いところまでしか届きませんが、短時間でも肌に強い影響を与えるため、日焼けによって肌が赤くなってしまう炎症やシミを引き起こしやすいという特徴があります。
それでは、このような紫外線の働きによる悪影響を詳しくお伝えしていきましょう。

紫外線による悪影響

紫外線の働きによる悪影響は次のようなかたちで表れます。

◆肌のトラブル

紫外線を長時間浴び続けると、顔や首、手の甲などの皮膚にしみやシワができたり、黄ばんだり、乾燥するといった「光老化」が起こります。
年齢を重ねるごとに、しみやシワなど肌の悩みが増えてくるのは紫外線が大きな原因の一つです。
また、良性の腫れ物ではありますが「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」と呼ばれるイボのようなものができやすくなったり、免疫の働きが低下して、口唇ヘルペスが起こりやすくなることもあります。
さらに、恐ろしいのは「皮膚がん」です。
放っておくと進行したり、転移する可能性もあるため早期の治療が必要です。
ほくろやイボと間違えやすいこともありますが、皮膚のできものが大きくなったり盛り上がったりするなど、何かおかしい感じたときは、すぐに病院を受診しましょう。

◆目のトラブル

太陽の光を直接とらえる目は紫外線の影響を受けやすい器官です。紫外線の多くは目の表面にある角膜で吸収されるため、強い紫外線を浴びると「紫外線角膜炎(しがいせんかくまくえん)」という異常が起こることがあります。
角膜の表面に傷がたくさんできてしまうため、充血や異物感などの症状がでますが、数日で自然に治ることがほとんどです。
一方、長年のダメージが蓄積すると、白目を覆う結膜が黒目に入り込んでくる「翼状片(よくじょうへん)」や、水晶体の繊維が壊されて濁る「白内障(はくないしょう)」など、進行すると視力障害や失明につながる病気を招くおそれもあります。
目の異常に気づいたときも、必ず眼科に相談しましょう。

紫外線対策は365日忘れずに!

このように、さまざまな紫外線の悪影響から身を守るには、紫外線をなるべく避けることが第一です。
1日の中でも注意すべきは、紫外線が強まる午前11時〜午後1時ごろの時間帯です。
また、砂浜や雪など紫外線を反射しやすい環境も注意が必要です。
紫外線は水も透過するためプールや海水浴などの際も油断は禁物。海や山でのレジャーは特に入念な対策をとって楽しみましょう。
レジャーなどの際は気をつけていても、意外とあなどれないのは日常生活で浴びる紫外線です。
紫外線は365日朝夕に降り注いでいて、曇りの日や室内にいても私たちに届いています。
ですから、用途にあった日焼け止めを適切に使い皮膚を守ることはもちろん、1年を通して帽子や日傘、サングラスなどを活用したいですね。

<執筆者プロフィール>
井上 愛子(いのうえ・あいこ)
保健師・助産師・看護師。株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】
紫外線対策、準備はできていますか?
春は肌荒れの季節? 肌トラブルの5つの理由
リップを塗っても、カッサカサ… もしかしてケアを間違っている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加