調査・アンケート

2018/05/08

ミキハウスが子育てに関する悩み調査実施!出産準備サイトで発表

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

ミキハウスが子育てに関する悩み調査実施!出産準備サイトで発表

パパ・ママたちが抱えている悩みについて調査

三起商行株式会社は、全国のパパ・ママを対象としたミキハウスベビークラブ会員に「子育てに関する悩み調査」の結果を『出産準備サイト』にて発表しました。調査結果から、パパ・ママたちが抱えている悩み、解決法についてわかっています。

家庭内での悩みを調査。協力しあって家事・育児に取り組む家庭も

家庭内での悩みについて尋ねたところ、「お金」(44.8%)、「家事」(38.3%)、「配偶者との関係」(28%)という回答が上位に並びました。一方で、「子育てに関して家庭内での悩みはない」が16.8%と、パパとママが協力しあって育児・家事に取り組んでいることがわかる回答も集まりました。

約8割の夫婦が悩みを共有

続いて、「悩んだときや不安の解決法は?」と質問したところ、「配偶者に相談」(78.5%)との回答が1位でした。約8割もの家庭が夫婦で悩みを共有していることがわかる結果となっています。次に「親に相談」(74.1%)、「インターネットの情報サイト、アプリ」(62.8%)と続き、約6割のパパ・ママがインターネットを活用していることがわかりました。

「配偶者との関係に関する悩み」の質問に対しては、「親になった自覚が薄い」(39.6%)、「子育てに非協力的」(25.5%)、「子育て方法で意見が合わない」(19.1%)が上位に並びました。

ワンオペ育児の状況にある家庭が約4割

ワンオペ育児の状況にあると感じている人は、約4割という結果になりました。ワンオペ育児の状況にある人の仕事状況割合は、「働いている」33%、「休業中(産休、育休)」42.2%、「専業主婦(夫)」43.7%という割合になっています。

ワンオペ育児にならないための解決策としては、「感情論ではなく、明確にToDoとして伝える」、「パパの作ったご飯おいしいね」など、具体的な言葉で伝える、感謝の言葉を伝えるなどの工夫をしていることがわかりました。

保活を実施している、今後実施する人は半数以上

『保活の状況』に関して調査したところ、「今は保活していないが今後する予定がある」(45.8%)と「保活している」(9.9%)を合わせると約半数以上が実施中、今後予定があると回答しました。さらに、「保活の悩み」について尋ねたところ、「保育園に入れるのか不安」(35.8%)と回答しており、不安を抱えている人も多くいます。

参考サイト

三起商行株式会社 プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加