子育て

うがいが苦手な3歳と6歳…上手にできるようになるには?

風邪予防にうがいは欠かせませんが、うまくできない子どもは多いようです。今回は3歳と6歳の兄妹についての相談です。2人ともうまくうがいが出来ず、そのためか風邪を引きやすいといいます。どうしたらうまく出来るのでしょうか。専門家に聞いてみました。

6歳児と3歳児のママからの相談:「うがいが苦手で風邪を引きやすい」

6歳と3歳の兄妹は帰ってきたら必ず手洗いしますが、うがいが上手に出来ません。特に下の子は水で口をすすぐだけです。そのためか二人とも風邪を引いてしまい、上の子は治りかけてもすぐ次の風邪をもらいます。上手にうがいをさせるにはどうすれば良いでしょうか。すすぐだけでは効果はないですか。手洗いは水だけでも効果はありますか。(30代・女性)

ブクブクうがいは3歳頃から。ガラガラうがいは4~5歳から

小さい子どもにはガラガラうがいは難しいようです。4歳頃から練習するのが良いとの声がありました。

大人が見本を見せて同じように口に含むことから始めましょう。口に水をキープして出すことが出来るようになったらブクブクする練習をして下さい。(看護師)
ブクブクうがいは3歳頃から、ガラガラうがいは4~5歳頃から出来るようになります。3歳児はブクブクうがいから練習して下さい。水を含んでキープするのは子どもには難しく、飲み込んだりダラ~と出てきたりします。最初からブクブクする必要はありません。口の中に水をキープする練習から始めましょう。(看護師)
6歳ならガラガラうがいを練習しましょう。練習には口に水を含んで上を向けることが大切です。初めは水を含まずに上を向いて「あー」と声を出しましょう。出来たら少量の水を含んで上を向き、声を出します。無理せずゆっくり進めましょう。(看護師)

ブクブクうがいでも予防に。 手洗いは石鹸+流水30秒2回で

ブクブクうがいでも風邪予防効果はあるようです。最も効果的な手洗いは「石鹸+流水30秒を2回」との声がありました。

練習は上を向いて声を出しながら行った方が良いですが、小さい子どもには難しいでしょう。うがいの目的は喉粘膜に付着した雑菌を洗い流すことですが、小さい子どもは「ぶくぶくぺっ」でも良いといわれます。ママも一緒に行い、やり方を教えて下さい。うがいしながら声を出すと面白くて真似するかもしれません。(看護師)
ブクブクうがいだけでも口腔内のウイルスを除去出来ます。手洗いは石鹸+流水手洗い30秒を2回することがウイルスを減らすのに最も効果的といわれています。石鹸がない場合は流水のみでも良いです。家では石鹸を使用しましょう。(看護師)
うがい液は飲み込む場合もあるため、緑茶でやって下さい。緑茶のカテキンには殺菌作用があり、インフルエンザウイルスは胃酸に弱いため、普段の飲み物も緑茶にすると良いでしょう。手洗いはやはり石鹸で行う方が良いでしょう。ママと一緒にハッピーバースデイの歌を2回歌うくらいを目安に行って下さい。(看護師)
風邪などのウイルス感染は手洗いだけでは防げない場合もあります。子どものコンディションにもよりますし、風邪を引きながら免疫力を高めることも必要です。風邪を引いたら悪化しないよう早期受診しましょう。(看護師)

小さい子どもにはガラガラうがいは難しいようです。親子で一緒に楽しく練習するのが良いとのアドバイスがありました。


2018/05/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)