風邪

うがい薬が嫌いな5歳児…どうしたら使えるようになる?

風邪の季節にはうがい手洗いは欠かせない予防策です。今回は5歳の女の子についての相談です。うがい手洗いは進んでしてくれますが、うがい薬が苦手だといいます。うがい薬を使ってほしいママですが、専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

5歳児のママからの相談:「手洗いうがいはするのにうがい薬が苦手」

5歳になる娘は、外出して帰宅すると、自分から進んで手洗いやうがいをしてくれますが、十分に出来ているとはいえません。うがいは水を口に含んで終わっている感じですが、きちんとすれば上手に出来るようです。喉が荒れやすいのでうがい薬を使って欲しいと思っています。市販のうがい薬でも子ども向けに刺激の少ない商品がありますが、味が苦手のようでなかなか使ってくれません。何か良い方法はありますか。(30代・女性)

ママと一緒に練習を。無理せず少しずつ段階的に進めて

歳ならガラガラうがいの練習を始めるのが良いようです。ママと一緒に楽しくやるのが良いとの声がありました。

帰宅後に自分からうがいや手洗いが出来るのは凄いことです。たくさん褒めてあげて下さい。ママと一緒に楽しく行なって是非続けて下さい。(看護師)
ブクブクうがいが出来るなら口に水を含んでキープするのは出来ていますから、水を口に含まない状態で上を向き、「あー」と声を出す練習をしましょう。それが出来たら、大人が水を口に含んで上を向き、声を出す様子を見せます。その後、少量の水からトライし、むせずに声を出せるようになればガラガラうがいが出来るようになります。喉を閉じてむせずに声を出すのは難しいので、無理せず少しずつ行いましょう。(看護師)
小さい子どもは「ぶくぶくぺっ」でも良いといわれます。上を向いてガラガラ出来るなら、ママと一緒に行って下さい。5歳はガラガラうがいの練習を始めるのに十分な年齢です。ママが声を出しながらうがいすれば真似すると思います。(看護師)

緑茶でうがいを。うがい薬は飲み込んでしまう可能性も

小さいうちはうがい薬を飲み込んでしまう可能性もあるため、緑茶でうがいすると良いとのアドバイスも寄せられました。

うがい薬を使用したいなら、子ども用のフルーツ味を使用したり、ガラガラうがいが上手になるまではブクブクうがいの時のみ使用すると良いでしょう。(看護師)
市販のうがい薬が苦手なら緑茶でして下さい。緑茶のカテキンには殺菌作用がありますし、小さい子どもはうがい液を飲み込む場合もあります。緑茶なら飲み込んでも心配ありません。喉が荒れやすいなら、部屋の加湿も心がけましょう。加湿器がなければ、洗濯物を干したり濡れたタオルをかけておくのでも良いです。大きめの観葉植物を置いても良いでしょう。(看護師)
うがい薬を使用しなくても水のみで予防効果はあります。折角進んでうがいしているのに、うがい薬のせいで嫌がるようになる可能性もあります。うがい薬は粘膜に刺激を与える場合もあり、ガラガラうがいがしっかりできない子どもはうがい薬を飲み込む危険性もあります。無理にうがい薬を使う必要はないでしょう。(看護師)

5歳ならママと一緒にガラガラうがいの練習を始めるのが良いようです。うがい薬は飲みこんでしまう可能性もあるため、緑茶でうがいするのが良いとのアドバイスもありました。


2019/01/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)