新商品

2018/06/06

遊びながら目を育てる!ツムツムをモチーフにしたドリル発売

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

遊びながら目を育てる!ツムツムをモチーフにしたドリル発売

遊びながら目を育てる

株式会社KADOKAWAは、ツムツムをモチーフにした子ども向けの目のトレーニング集『すこやかディズニー ツムツムで目を元気にする31のかんたんドリル』を発売しました。

将来の目の健康は8歳までが大事

目の機能の成長は、6歳〜8歳ごろの完成期と呼ばれる時期に確立すると言われています。子どもの目は感受性が高く、調整力も柔軟なので、視力のよしあしをトレーニングで補うことができます。

眼科専門医が監修・解説

『すこやかディズニー ツムツムで目を元気にする31のかんたんドリル』は、眼科専門医が監修・解説を行いました。ドリル形式のトレーニング集となっており、ツムツムのキャラクターをモチーフにしたアクティビティをこなしていくことで、自然と目の調整力に好影響をもたらします。

両親から見て、子どもの課題の達成がわかりやすいように「見るだけ」「目で追うだけ」といったトレーニングに加えて、なるべく手を使わせる課題になっています。目標をもって何かを見ることは目への刺激となり、手を動かすことは脳への刺激となります。目と手を使うトレーニングは、目と脳の双方から調節力にアプローチする内容になっています。

トレーニングを行うことで、すでにメガネをかけている子どもでも、視力の低下を予防が期待できます。

参考サイト

株式会社KADOKAWA プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加