陣痛

初めての出産で陣痛の痛みに耐えられるか不安、対処法は?

もうすぐ赤ちゃんに会えるという喜びはもちろんですが、初めての出産だと不安も大きいものです。陣痛の痛みはどの程度なのか、我慢できなかったらどうしようと悩む相談者の方に、看護師さんたちからのアドバイスです。

陣痛についての相談:「陣痛ってそんなに凄いの?対処法が知りたい」

初めての出産というのは未知のもので、大きな不安を感じます。特に陣痛の痛みは相当のもので、私の母は痛みで意識が飛びかけたと言っており、本気で怖いです。酷い陣痛がきた時は、どのような方法で痛みを乗り切ればよいのか教えてください。できれば泣き叫んだりしたくはないのですが、泣いたり声をあげたりした方が痛みに耐えられるのでしょうか。(20代・女性)

自分が一番楽な方法で痛みを和らげる

痛みの感じ方は個人差がありますし、痛みを和らげる方法も人それぞれです。楽な体制をとったり辛ければ声を出して泣いてもよいですし、陣痛が始まったら自分が楽だと思う方法で乗り切るのが一番です。

陣痛には個人差がありますが、耐えきれない痛みではありません。痛みがきたら、立っても座っても横になってもよいので楽な姿勢をとり、力を抜いて深呼吸しリラックスしてください。子宮が完全に開く前に力みたくなったら「いきみ逃し」といってテニスボールを肛門に押し当てる方法をとる産院もあります。(産科看護師)
痛みを発散させるためには「泣くこと・叫ぶこと」です。痛みに耐えている上に、泣くことも声を出すことも我慢していたら身体がガチガチに固くなってしまいます。痛みを何らかの方法で発散し、呼吸を整え身体をリラックスさせるようにしましょう(内科看護師)
腰をさすってもらったり、ホッカイロで温めるのも効果的です。付き添いが可能な病院なら、素直に「痛い」と言ってご主人などに腰をさすってもらいましょう。好きな音楽を流したり、アロマを焚くなどもよいと思います。(内科看護師)
「案ずるより産むが易し」というように、いざ陣痛が始まったらすんなり分娩する方もいます。不安なことばかり考えず、安産にむけて体重の増加を避けるため、ウォーキングや股関節を柔らかくするストレッチなどを心がけてください。予定日が近づいてきたら、あぐらをかいて座るようにすると股関節が柔らかく開きやすくなります。(産科看護師)

陣痛が始まったら、付き添いの人に腰をさすってもらったり声を出してもよいですし、自分が一番楽だと思える方法で痛みを乗り切りましょう。


2015/05/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)