切迫流産

2015/05/23

妊娠中に「切迫流産」と診断されたときの対処法とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中に「切迫流産」と診断されたときの対処法とは?

妊娠中、何らかの原因で赤ちゃんが流産してしまいそうな状態を「切迫流産」といいます。切迫流産の診断を受け薬が処方されたが、妊娠中の薬の服用に抵抗があるという相談に対し、看護師さんたちは何と説明しているのでしょうか。

切迫流産の薬についての相談:「切迫流産と診断された。薬を飲んで安静にするしかない?」

現在妊娠13週です。先日切迫流産と診断され、家で安静にするよう指導され薬が処方されました。しかし今はほとんど出血もないですし、できれば妊娠中は薬を飲みたくないのですが、この薬は本当に飲まなければいけないものなのでしょうか。もちろん流産は避けたいですし無事に出産するためできることをしたいのですが、切迫流産と診断された場合、薬を飲んで家で安静にする以外に何かできることはないのでしょうか。(20代・女性)

切迫流産は安静第一

切迫流産と診断されたら、とにかく必要以上は動かずに安静第一で過ごすことが一番の治療となります。更に症状がひどくなると、ベッドから起き上がることも禁止となる場合があるので、今は医師の指示通り安静にすることが大切です。

切迫流産の予防としては、安静が基本です。できればトイレに行くなど日常生活にどうしても必要な動作以外は、必要以上に動かないようにしてください。切迫流産が進行すれば、尿道にチューブを入れトイレも床上排泄になり食事も寝たまま摂ることになる場合もあるので、油断しないようにしてください。(産科看護師)
切迫流産の治療は、第一に「安静」です。不安定な気持ちは体調を崩すことにも繋がるので、薬が処方されている期間はしっかりと薬を飲み、ご自宅で安静にしていることが何よりの治療だと思い気持ち穏やかにお過ごしください。食事が食べられるならばしっかりと栄養をとり、身体を清潔にして感染に注意し、よく睡眠をとることを心がけましょう。(内科看護師)

処方された薬はきちんと飲みましょう

医師から処方された薬は、切迫流産の症状を改善するために必要な薬です。自己判断で飲むのを止めたりせず、薬に対して不安な点があれば医師に直接尋ねるようにしましょう。

処方された薬は子宮の収縮を抑えるための薬だと思うので、出血していないからと自己判断で中止したりせず、必ず医師の指示通り服用してください。(産科看護師)
処方された薬は、お腹の張りを抑えたり出血や痛みを止めるために必要なものです。薬を飲むことに抵抗があり心配でしたら、一度医師や助産師さんに薬の副作用について尋ねてみてはいかがでしょうか。(内科看護師)

切迫流産の場合、安静にしていることが一番の治療だと看護師さんは説明しています。処方された薬は、切迫流産の進行を食い止めるために必要なものなので決して自己判断で中止したりせず、不明な点は医師に尋ねるようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加