しつけ

手を洗っても泡でなでるだけの3歳児…しっかり洗わせるべき?

小さい子どもは上手に手を洗うのが難しいこともあります。今回の相談者は3歳の女の子のママです。進んで手洗いしてくれるものの、石鹸の泡で手を撫でるだけでしっかり洗えていないのが気になるといいます。ちゃんと洗わせたいと悩むママに、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

3歳児のママからの相談:「正しい手の洗い方」

3歳の娘に幼稚園に入るまでに正しい手洗いを身につけさせたいと思っています。外出後や汚れた時は手を洗ってくれますが、泡タイプのハンドソープをつけてこちょこちょと撫でる感じです。「ゴシゴシはこうだよ」と手の腹に指を立てて爪の間も洗うよう見本を見せてもうまく伝わらず、娘も私も困ってしまいます。爪ブラシ等を使うべきでしょうか。洗う時間はどれくらいが効果的でしょうか。わかりやすい手の洗い方を教えて下さい。(30代・女性)

手洗いすることをたくさん褒めて。上手に出来るかは二の次で

自分から手を洗えていることをまずは褒めるのが良いようです。洗い方ばかり指摘すると手洗い自体が嫌になることもあるとの指摘がありました。

まずは嫌がらず自ら手洗いしていることをたくさん褒めてあげましょう。上手に出来るかどうかはその次に考えれば良いです。3歳頃になるとイヤイヤ期が継続している子もいますが、何でも自らやりたくなる時期でもあります。その意欲を損なわないよう、やりたがることは積極的にやらせてあげることが大切です。進んで手洗いしているのに、指摘だけを受けてしまうと意欲を損ない、手洗い自体嫌になる可能性もあります。(看護師)
理想的な手の洗い方は、石鹸やハンドソープを十分に泡立てて30秒以上こすり洗いし、流水で洗い流す過程を2回行う方法ですが、毎回これを十分に行うのは大人でも難しいです。歯磨きの際に仕上げ磨きをするように、手洗いの後も仕上げ洗いをしてあげると良いでしょう。(看護師)

ママのやり方を真似させて。爪ブラシより爪をこまめに切って

手洗いはママと一緒にするのが良いようです。爪ブラシを使うよりこまめに爪切りしてあげるのが良いとのアドバイスもありました。

まだ小さいお子さんですから、正しい手洗いが出来なくても心配しなくて良いと思います。なるべく一緒に手洗いして「ママの真似をして」と声掛けし、洗った後は「手がきれいになって良かったね~上手に出来たね~」と褒めて下さい。子どもはママの真似をしたがりますし、上手く出来てなくても褒めることで積極的に行うようになります。(看護師)
効果的な手洗い時間については、ハッピーバースディの歌を2回歌うくらいが良いとされますが、様々な意見があります。時間に捉われず、お子さんの好きな歌を歌いながら、指や爪の間・手首まで洗うようにしましょう。爪ブラシは柔らかい子どもの皮膚を傷つける場合もあります。まずは習慣的に手洗い出来るようにしましょう。(看護師)
爪は常に短く整えてあげましょう。爪が短いだけでも汚れや雑菌の数を減らせます。幼稚園に入ると、先生やお友達の様子を見ながら手洗いも上手になっていきます。今は手洗いの習慣を身につけることを優先し、褒めてあげながら続けて行きましょう。(看護師)

上手に出来ていなくても褒めてあげるのが良いとの声がありました。小さいうちは手洗いの習慣をつけることを優先するのが良いようです。


2018/05/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)