指しゃぶり

保育園に通うようになって始まった指しゃぶり…自然に治る?

気になる子どもの指しゃぶりですが、放っておいても良いものなのでしょうか。今回は1歳の女の子についての相談です。保育園に通うようになり、友達を真似て指しゃぶりするようになったと悩むママですが、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたのでしょうか。

1歳児のママからの相談:「保育園の友達の真似で始まった指しゃぶりについて」

赤ちゃんの時からおしゃぶりも指しゃぶりもせず、周りから「偉いね」と言われていた娘ですが、1歳半頃から親指をしゃぶるようになりました。保育園の指しゃぶりをするお友達を真似しているようで、今では指しゃぶりしないと眠れなくなっています。お遊戯会でも指しゃぶりをしていて恥ずかしかったです。まだ病院には行っていませんが自然に治るものでしょうか。(20代・女性)

指しゃぶりは成長過程のひとつ。3歳までに治まるケースがほとんど

成長過程の一つとして指しゃぶりが起こることはあるようです。たいていは3歳までには治まるとの意見がありました。

1~2歳頃の指しゃぶりは心配する必要はありません。3歳頃までにはしなくなるケースがほとんどといわれます。3歳を過ぎて、指しゃぶりがエスカレートする・歯並びに変化が見られる・指にタコや傷などが見られる場合は、小児科・小児歯科・心理治療センター等に相談すると良いでしょう。今はもう少し様子を見ても大丈夫ですよ。(看護師)
指しゃぶりは子どもの成長過程の一つで、指しゃぶりしない子の方が珍しいくらいです。お友達を見て面白くて真似たのでしょう。小学校にあがる頃にはほとんどの子がやめるようです。焦らず見守って良いと思いますし、現時点で病院を受診する必要はないでしょう。(看護師)

ストレスが原因のことも。言葉で注意せずスキンシップで安心させて

環境の変化などのストレスが原因となることもあるようです。言葉での注意は避け、安心させてあげるのが良いとのアドバイスがありました。

眠かったり退屈だと指しゃぶりすることがあります。遊びに夢中にさせる・外遊びの時間を増やす・コミュニケーションやスキンシップをとる等、指しゃぶりを忘れる時間を作ると良いでしょう。気にし過ぎて「やめなさい」等、言葉での指摘がもっとも良くないので注意しましょう。(看護師)
指しゃぶりには、不安・ストレス・親の関心を引きたい等の心理的な要因がある可能性もあります。保育園通いによる環境の変化・お母さんと離れる寂しさ・お友達との生活のストレス等、言葉で表せない不安やストレスが原因かもしれません。見た目は環境に適応しているように見えても、寂しさを抱えていることもあります。十分な遊びや会話・スキンシップでストレスを解消してあげることも大切です。(看護師)
無理に「やめなさい」と叱ってやめさせるとストレスを与えます。指しゃぶりを始めたら、お絵かきしたり手を叩きながら歌う等、お子さんの気を紛らわせて下さい。どうしても気になるなら、指しゃぶり防止用の舐めると苦いマニキュアや、指しゃぶり矯正手袋もあります。お子さんには辛いかもしれませんが、試してみても良いかと思います。(看護師)

1~2歳の指しゃぶりは3歳頃には治まることがほとんどのようです。環境変化などのストレスも原因となるため、十分なスキンシップをとるのが良いようです。


2018/05/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)