話題・時事ネタ

新しい形の子ども食堂「Kids Café」1年で627人が利用

子どもたちの成長を応援するコミュニティスペース

ニュー スキン ジャパン 株式会社は、支援する子ども食堂「Kids Café」が開設から1年を迎え、3月末までに延べ627人の子どもたちが利用したことを発表しました。

「Kids Café」は、セカンドハーベスト・ジャパンが運営するコミュニティスペースです。食事と合わせて、学習支援や体験・交流プログラムを実施しており、子どもたちの成長を応援する場所です。

無料で利用できるKids Café

Kids Caféでは、食材は食品関連企業から寄贈食品を活用し、施設の設置や運営はニュー スキン ジャパンが資金を支援し、ボランティアの協力を得て行っています。

利用はすべて無料でできるように、台東区から子ども育成活動支援事業の一環として補助金も得ています。

様々な子どもたちが集える場所に

Kids Caféは年間を通して毎週木・金・土の3日間を運営しています。ひとり親世帯や一人でお留守番をしている子どもたちを対象にしていましたが、活動を継続しているなかで近隣の学校の子どもたちや不登校の子どもが訪れることも増えています。

学習支援では、国語や数学の指導や宿題をみたり、外国人ボランティアが英会話やゲームを通じて英語を楽しく教えています。他にも、異文化交流やクッキング、季節に合わせたイベントを行っており、普段できない体験ができるとお母さんたちから喜ばれたりするなど、利用者同士の交流の場となっています。

日本で初めてのフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」

セカンドハーベスト・ジャパンは、日本で初めてのフードバンクです。まだ賞味期限があるにも関わらず、さまざまな理由で売ることのできない食品を集めて、必要な方たちへ渡す活動を行っています。

セカンドハーベスト・ジャパンでは、日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。

参考サイト

ニュー スキン ジャパン 株式会社 プレスリリース(ValuePress)


2018/06/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部