母乳不足

母乳からミルクに切り替えたら飲まなくなった…どうしたらいい?

母乳はよく飲むのにミルクは全く受け付けない赤ちゃんはどう対処すれば良いのでしょうか。今回は4カ月の赤ちゃんについての相談です。母乳の出が悪く、ミルクに切り替えたところ、全く飲まなくなったといいます。どうすれば良いかわからないと悩むママに、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

生後4カ月の子どものママからの相談:「ミルクを嫌がる場合の対処法」

娘は生後4カ月ですが、母乳の出が悪く、1カ月前から完全に粉ミルクに変えました。母乳はよく飲んでいたのに、粉ミルクが嫌いなのか少ししか飲まなくなりました。当然お腹が空くようで夜泣きも始まってしまいました。このまま根比べで粉ミルクに慣れるまで待つしかないのでしょうか。粉ミルクに早く慣れさせるコツがあれば教えて下さい。(20代・女性)

母子関係が形成されている証。第三者があげると飲むことも

おっぱいを欲しがるのは母子関係がきちんと形成されているからのようです。第三者があげると飲むこともあるとの意見もありました。

混合授乳で進めて来た赤ちゃんの中には「母乳が良い!」「ミルクが良い!」と好みを主張してお母さんを困らせる子もいます。しかし、それは赤ちゃんの感覚器官の成長・情緒の成長を意味しており、喜ばしいことでもあります。また、この頃になると嗅覚・味覚がより発達してきます。消毒液で哺乳瓶を消毒している場合、その臭いが嫌な場合もあります。煮沸消毒などに変えてみるのも良いでしょう。(看護師)
哺乳瓶に慣れないことや味が変わったことで嫌がるのでしょうから、慣れるまで待ってあげて下さい。母乳が出るなら、母乳を哺乳瓶で飲ませて慣れさせる方法もあります。おっぱいが好きな赤ちゃんはお母さんが授乳すると「おっぱいをもらえる!」と期待します。そのため第三者があげると飲んでくれることもあります。(看護師)
赤ちゃんは、お母さんの体温・心臓の音・声に安心します。哺乳瓶を拒否されてイライラしてしまうと赤ちゃんはより不安になります。優しく抱いて声をかけて飲むよう促しましょう。母乳を欲しがるのは、お母さんのおっぱいが大好きで抱っこして欲しいからで、母子関係がしっかり形成されている証拠です。(看護師)

哺乳瓶やミルクを変えてみて。充分なスキンシップを図って

お母さんのおっぱいに近い乳首に変えたりミルクの味を変えてみたりするのが良いようです。

理由としてはミルクの味が嫌・哺乳瓶のゴム感が嫌・お母さんのおっぱいが大好き等が考えられます。搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて与えて嫌がるなら、哺乳瓶を変えましょう。お母さんのおっぱいに近いものや月齢に合った乳首を選んで下さい。赤ちゃんの吸てつの力が強くなっているのに月齢の低い赤ちゃん用では吸う力に対して出てくるミルクが少なく、赤ちゃんはイライラして途中で疲れてしまいます。(看護師)
ミルクの味が気に入らない場合もあります。スティックタイプで色々な味を試してみましょう。少しでも飲んでくれたら、よしよしして褒めてあげて下さい。ママのおっぱいがないことで不安になっている場合もあります。充分にスキンシップを図って下さい。(看護師)

好き嫌いが出てくるのは成長の証といえそうです。嫌がる理由を見つけて一つ一つ対応してあげるのが良いようです。


2018/06/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)