調査・アンケート

80%が母親になって親の優しさを実感「母と子に関する調査」

現代の母親が子育てに関してどのようなことを感じているか

三井農林株式会社は、2018年4月27日から5月1日にかけて「母と子に関する調査」を実施しました。

三井農林株式会社は、日東紅茶、三井銘茶でおなじみとなっており、今後も日本の家庭で愛されるために、現代の母親が子育てに関してどのように感じているかを知るために調査を行っています。

親になってみて気づくこと、実感すること

「親の優しさを改めて感じることがあるか」と質問したところ、「ある」と回答した人が82.1%となりました。続いて、「自分が親にされてうれしかったことを子どもにしてあげることがある」と尋ねたところ、「ある」と78.9%が回答しています。自分が親になって親の有り難みを実感したり、自分の親をお手本にしている方が多くいることがわかりました。

子どもとのコミュニケーション

子どもとのコミュニケーションが取れているかを調査したところ、専業主婦の母親と比べて働く母親の方が「コミュニケーション時間が十分でない」と感じている結果となりました。

子どもとコミュニケーションをとるために工夫していることとして、「食事を一緒に食べる」と答えたのが全体の8割以上となりました。子どもの成長に合わせて親子のコミュニケーションは変化しますが、食を通じてのコミュニケーションを大切にしている方が多くなっています。

続いて、食に関する母親の影響を調査したところ、料理を初めて教わった人は「母親」が75.7%と圧倒的で、料理の味付けで参考している人も「母親」が56.9%で最多となりました。

子育てのつらさを切り替えるために「子どもの笑顔を見てリフレッシュする」

子育てをしていてつらいと思う気持ちを切り替えるために効果的なのは、「子どもの笑顔を見てリフレッシュする」が86.8%と最多となりました。つらさを感じても、子どもの笑顔が母親のつらい気持ちを吹き飛ばしてくれることがわかりました。

他の意見としては、「友人や知人に会って解消する」、「コーヒーや紅茶を飲んでリフレッシュする」と答えています。

日東紅茶ブランドムービー公開

「日東紅茶」の世界観を表現したWEB動画を5月7日に公開しています。

動画では、いつも愛情を注いでくれたお母さんと娘のストーリーになっています。そして、その側にはいつも紅茶がありました。そして、母親となった娘が「ありがとう」のこころを込めて、紅茶を注いでいます。

参考サイト

三井農林株式会社 プレスリリース(PRTIMES)


2018/06/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部