調査・アンケート

2018/06/08

ストレスを感じている人は約7割!「ストレス」に関する意識調査

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

ストレスを感じている人は約7割!「ストレス」に関する意識調査

ストレスを感じやすい時期

リンナイ株式会社は、ストレスの実態を知るために、リンナイ公式部品販売サイト「R.STYLE(リンナイスタイル)」会員の4,879名を対象に「ストレス」に関する意識調査を実施しました。

5月中旬頃はストレスを感じやすい時期となっています。4月に環境が変わる方が多く、環境の変化後は気を張ってストレスを感じづらくなっていますが、5月中旬頃からは気が緩んでストレスを感じやすくなります。このことが原因で「5月病」と呼ばれる適応障害を発症する恐れがあります。

ストレスを感じている人は約7割

普段ストレスを感じている人は、約7割にも上りました。ストレスを感じている人の割合を見てみると、男性よりも女性の方がストレスを感じている人が多くなっており、年代は40代が最もストレスを感じている結果となりました。

保健学博士の蝦名先生はこの結果に対してコメントをしています。30代〜40代は家庭でも仕事でも責任のある立場であり、助けも得られにくいという特徴があります。そのため、大変さを抱え込まないことが大切となっています。

8割以上が即対処が必要

蝦名先生が考案したストレスレベル度診断チェックシートをもとに、ストレスレベルの調査を行いました。調査の結果、即対処が必要なレベルに該当する人が8割以上いることが判明しました。

3ヶ月以内に自身や家族の環境に変化があった場合、ストレスレベルが高い人が多い傾向になっています。ストレスは失業や離婚などの悪い出来事だけでなく、結婚や仕事での昇進など幸せな出来事であってもストレスを感じます。そのため、「自分は気づかないうちにムリをしているかもしれない」ということを忘れずに、自分をいたわってあげることを大切にしましょう。

半数以上がストレスが原因で体調不良を感じる

ストレスを感じていると答えた人の中で、ストレスが原因で体調不良があると感じている人が半数以上いることが分かりました。体調不良の症状としては、不眠、頭痛、胃痛、体重の増減が上位になっています。

職場と家庭でそれぞれストレスを感じているかを調査したところ、職場でストレスを感じている人は約7割、家庭でストレスを感じている人は約5割となっていました。

【リンナイ調べ】

参考サイト

リンナイ株式会社 プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加